リハビリテーション身体論―認知運動療法の臨床×哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 447,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791765539
  • NDC分類 494.78
  • Cコード C0030

内容説明

脳が損傷し、体性感覚が変容し、動かなくなった身体…。その失われた世界にふたたび意味を与えるためにできることは、無理やり身体を動かすことではなく、脳の認知過程を適切に活性化させ、感じ、思考することなのである。運動麻痺に苦しむ人々が私自身という主体を取り戻すために、リハビリテーションを「見える身体」から「見えない身体」の治療へと変える、脳と身体をめぐる思考の結晶としての認知運動療法の挑戦。

目次

私が身体であり、身体が私である―リハビリテーション身体論・序章
世界に意味を与える身体―ペルフェッティの身体思想
ベイトソンとリハビリテーション―情報を構築する脳
メルロ=ポンティとリハビリテーション―知覚する身体
サルトルとリハビリテーション―運動イメージの想起
ルリアとリハビリテーション―ロシア学派の運動制御理論
ヴィゴツキーとリハビリテーション―運動発達の道具
ジャクソンとリハビリテーション―片麻痺の臨床神経学
リープマンとリハビリテーション―失行症の治療
フッサールとリハビリテーション―キネステーゼの神経哲学
ヴァレラとリハビリテーション―オートポイエーシス人間
ポパーとリハビリテーション―科学的で芸術的な治療であるために
身体の自由を求めて―リハビリテーション身体論・終章

著者等紹介

宮本省三[ミヤモトショウゾウ]
1958年高知市生まれ。理学療法士。1981年高知医療学院理学療法学科卒業。1983年同学院講師。1990年イギリス・フランス・イタリアにて研修。1995年同学院学生部長。2004年イタリア・サントルソ認知神経リハビリテーション・センターにて研修。2000年より日本認知神経リハビリテーション学会会長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エリオちゃん

0
身体は単なるハードでは無く、感覚と不可分。 400ページにわたる憎悪と執念。2019/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/609068

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。