教育と格差社会

個数:

教育と格差社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月04日 15時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791763559
  • NDC分類 373.1
  • Cコード C0030

内容説明

学力向上を謳い、校内暴力、いじめ、怠学、不登校等の学校病理を生徒のこころの問題にすり替えて、建前を語る教育再生構想は欺瞞だ。直視すべきは、教育問題とは即ち、社会矛盾を鋭く反映する労働問題そのものだということ。知識・学歴が仕事に役立たなくなった格差社会出現のメカニズムの数々を、教育現場の疲弊に見る。衝撃の分析レポート。

目次

1 教育ネオ・リベラリズムの正体(教育分業化;カリキュラム商品化 ほか)
2 労働と教育(短期労働;正社員の実態 ほか)
3 教育基本法改正案とファシズム(セグメント;ファシズム略史 ほか)
4 教育「民営化」の意味(ボール講演;教育再考 ほか)
5 教育と心性操作(語義;新奴隷性 ほか)

著者等紹介

佐々木賢[ササキケン]
1933年、中国・瀋陽の生まれ。高校教師として教育現場にあった後、現在は、日本社会臨床学会運営委員、神奈川県高校教育会館教育研究所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。