食のクオリア

個数:

食のクオリア

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791762767
  • NDC分類 596.04
  • Cコード C0040

出版社内容情報

私たちが「おいしい」と感じるとき、果たしてそれは口だけで味わっているのでしょうか。それとも脳で?食べること、というのは最も日常的な行為でありながら、とても複雑な要素の絡み合いなのです。そして、その中で「おいしさ」を感じられることは、人生の味わいでもあることに気付くはずです。
『世界一受けたい授業!』などTVでも活躍する気鋭の脳科学者が、難しい説明に拠らず解き明かす「食」の不思議と豊かさ。小林秀雄賞も受賞した文章で綴る、味わい深い食エッセイです。

内容説明

食べているのは、脳なのか。異物が同化されてゆく快楽。

目次

おいしさの解剖学(まだ見ぬおいしさを求めて;おいしさの安全基地;盛りつけの美しさとおいしさ;なぜ、人と食べるとおいしいのか ほか)
おいしさの恵み(味覚は成長する;チョコレート巡礼;欠乏と飽食;スローフード ほか)

著者等紹介

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962年、東京生まれ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京工業大学大学院客員教授、東京芸術大学非常勤講師。東京大学大学院理学研究科理学専攻博士課程修了。理化学研究所、ケンブリッジ大学生理学研究所など経て現職。クオリア(意識のなかで立ち上がる、数量化できない微妙な質感)をキーワードとして、脳と心の関係を研究している。主な著書に『脳と仮想』(第4回小林秀雄賞受賞・新潮社)など。NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」キャスター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。