“帝国”をめぐる五つの講義

個数:

“帝国”をめぐる五つの講義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月25日 06時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791761296
  • NDC分類 311.4
  • Cコード C0010

内容説明

マルチチュード、生政治、非物質的労働など、“帝国”論が思想・政治に投げかけた強烈な衝撃の核心とは何か。9・11事件を踏まえ深化させた認識による世界把握の新構想そして“帝国”概念の鮮烈な再定義と、現代思想の最先鋭による緊急の応答が、世界総体の再編を迫る―。ネグリ自身による“帝国”入門。

目次

説明しておくべき概念
『帝国』に関する対話(アントニオ・ネグリ/ダニーロ・ゾーロ)
歴史的方法について。因果性と時期区分。
主権(マイケル・ハート/アントニオ・ネグリ)
社会的存在論について。物質的、非物質的労働と生政治。
グローバリゼーションと民主主義(マイケル・ハート/アントニオ・ネグリ)
政治的主体。マルチチュードと構成的権力の間で。
マルチチュードの存在論的定義によせて
主観性の生産について。戦争と民主主義の間で。
対抗権力〔ほか〕

著者等紹介

ネグリ,アントニオ[ネグリ,アントニオ][Negri,Antonio]
パドヴァ大学、パリ第8大学にて、政治学を教授

小原耕一[オハラコウイチ]
1941年生まれ。慶応大学仏文科卒業。国際グラムシ学会運営委員

吉沢明[ヨシザワメイ]
1946年生まれ。慶応大学経済学部卒業。「イタリア政治思想研究会」に参加。アソシエ21会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。