少年と犯罪

個数:

少年と犯罪

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 12時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791759750
  • NDC分類 326.34
  • Cコード C1010

内容説明

引きこもり、快楽殺人、劇場犯罪…重大事件の精神鑑定をふまえ、酒鬼薔薇事件、バスジャック、女教師刺殺事件など少年・少女・若者たちの犯罪や性倒錯/性非行の裏に、世紀転換期の心の闇をかいま見る。わが国に「航空精神医学」を導入する画期的論文を併録。

目次

少年はなぜキレる(「引きこもり」の精神病理と犯罪心理;少女と犯罪;「キレる」少年たちと精神保健)
「酒鬼薔薇」事件をめぐって(快楽殺人者の劇場となった社会;少年Aはなぜ罪を犯したか;最近の少年犯罪と社会精神病理;少年法を改正すべき根拠)
性と犯罪(性倒錯;性犯罪・性非行と現代の情報環境)
世紀転換期の犯罪と病理(現代型犯罪類型としての「劇場犯罪」;空の安全と精神医学;犯罪被害者のPTSD)

著者等紹介

小田晋[オダススム]
精神科医。1933年、大阪生まれ。東京医科歯科大学大学院卒。筑波大学、国際医療福祉大学などを経て、現在、帝塚山学院大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。