知覚はおわらない―アフォーダンスへの招待

個数:

知覚はおわらない―アフォーダンスへの招待

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 18時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791758470
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C1010

内容説明

環境と身体の新たな出会い。世界がちがって見えてくる。環境に潜在する多様な行為の可能性「アフォーダンス」。これを単位にすることで心理学・物理学・生物学の溝が埋められ、知覚は無限の行為となる。J.J.ギブソンの生態光学を拡張し、科学からスポーツ、芸術まで、あらゆる経験を変容させる未来の理論を明解に導入する。

目次

1 アフォーダンス入門(リアリズムのお稽古;アフォーダンスの心理学;スポーツの究極にある緩慢さについて―沢野雅樹との対話;想起の「自然」についての覚書)
2 表現(表現と同時性―寺山祐策と武蔵野美術大学視覚デザイン室の学生たちの対話;光に触れる意識―ジェームズ・タレルに聞く;マイクロスリップと演技―平田オリザとの対話)
3 運動(知覚はおわらない;義足の生―歩行という意識、義肢装具士・井ノ瀬秀行に聞く;いちど起こること)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

里のフクロウ

2
アフォーダンスへのガイダンス。スポーツや演劇、義肢装具士などアフォーダンスの現場にいる人々とのインタビューや対談・対話を通じて、アフォーダンスというものを感じることができる構成になっている。「運動」編では、知覚をアフォーダンスで「説明」している。哲学では結論を見ないでいるテーマである。カメラモデル・二項図式に代わるアプローチを見させてくれたが、「包囲光」の概念はどうしても理解できない。アフォーダンスは環境のものであり、それを知覚するのは「私」ではないのかと。招待されて、はまってしまったようである。2017/10/12

藤々桃

1
おもしろかった!ジェームス・タレルとの対談が掲載されていたのが特によかった。アフォーダンスの視点から、身体も演劇も芸術もなんでも考えてみると何と楽しいことか。佐々木さんの本は全部読まないと。2015/08/31

chichichi

1
平田オリザさんとのインタビューが面白い。2010/04/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/385602

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。