現代思想 〈2017 9(vol.45-1〉 特集:いまなぜ地政学か

個数:

現代思想 〈2017 9(vol.45-1〉 特集:いまなぜ地政学か

  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 青土社(2017/08発売)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 18時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ キク判/ページ数 246p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784791713523
  • NDC分類 105
  • Cコード C9410

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

37
山﨑孝史「地政学の相貌についての覚書」で、ラッツェルは政治地理学の創始者。1896年に公刊された「国家の空間拡大の諸法則」に彼の政治地理学的思考が端的に表れている(52頁下段)。嶺陽一「『南』の地政学 アジア主義からアフラシアの交歓に向かって」で、「日本人は英語が苦手だ」というのは経験的に真実。アングロサクソン世界の文化的ヘゲモニーに対する集合的なコンプレックスが、様々な水準で作用。だが、アジアとアフリカの水平的な文化交流では、ザンビア人が中国人に、インド人がケニア人に「劣等感」を感じることは考えにくい。2017/11/24

うえ

9
中野剛志「グローバリゼーションによって戦争は起きえなくなるはずだったのに、それを反証するような事態が出来しています。特に…印象的だったのは、ロシアによるクリミアの奪取でしょう」「グローバリゼーションによって、主権国家を超えた経済連携が進むので、戦争がなくなるといった議論がかつてありました。しかし、民主主義国においてその主権は国民にあります。国民主権とは民主主義のことですから、「国家主権はもう古い」と言うことは、国民主権つまり民主主義にも限界があって、それに手が届かなくなると言うことと同義です」2018/01/16

へんかんへん

2
地球儀好きだったわ2017/09/13

Tatsuhiko

1
つまみ読みだが、地政学という枠組み自体を批判する視点が多く、偏っている印象を受けた。もちろん地政学自体が学問としてそれほど「しっかりした」ものではないのではあるが… 江戸時代~戦前までの日本の地政学的言説を紹介し、大陸進出説と海洋国家説の2説が既に早い段階から登場していたことを示した文章が一番読んでいて面白かった。2017/09/12

Hideroh

1
古典地政学についての言及がないのが悲しいですね…。伊勢崎、西谷両氏の議論には恐ろしさすら感じますが…2017/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12222893

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。