モヤっとを上手に活かす多職種連携―医療事例から紐解くレシピ集

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

モヤっとを上手に活かす多職種連携―医療事例から紐解くレシピ集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月18日 16時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791110889
  • NDC分類 498
  • Cコード C0047

内容説明

医療現場での専門職間の連携において、誤解、すれ違い、見解の違いが生じることは日常茶飯事かもしれません。「それならそうと言ってくれれば…」と「モヤっと」することなどよくありそうです。そして、そんなモヤっとが、やがて対立から紛争にまで発展してしまうことだってありえます。本書は、こうした「モヤっと」を正しく扱い、対立に発展させず、よりよい連携を築くための方策を事例とともに示したレシピ集です。

目次

モヤっとする複雑な問題こそ多職種連携
看護師って何者!?
正しさとは何か―職種や立場で違う価値観
あの人とはわかりあえない―連携でよくある思い込み
すぐに周囲をモヤモヤさせる人
どうやって決めるか―職種ごとに違う物事の決め方
じっくり決めるか、それともスピード勝負か―緊急性の高い問題における多職種連携
目標があいまいな状況でどう連携するか―多職種でつくりあげる当事者目線の目標
計画の共有―誰のための計画か
見せる記録、見せない記録―適切な情報を関係者と共有することの難しさ
情報共有における感情の扱い―一緒に入ってくる他職種の動揺やしんどさとどう向き合うか
組織内の連携をどう進めるか―モヤッとする問題におけるリーダーシップ
モヤッと=トラブル?―モヤッとの本当の意味

著者等紹介

佐野樹[サノイツキ]
医師。精神保健指定医。専門は精神医学、多職種連携。多職種連携モヤっと研究会代表。三重県立こころの医療センター精神科医長。名古屋大学大学院医学研究科総合医学教育センター研究生。京都大学大学院医学研究科医学教育・国際化推進センター研究協力員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。