外傷性ひきこもり - 日本的な複雑性PTSDへの支援と治療

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

外傷性ひきこもり - 日本的な複雑性PTSDへの支援と治療

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2021年10月20日 20時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791110827
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C0011

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Asakura Arata

4
力作。トラウマという切り口でひきこもりを説明していくところは見事。しかし当事者のこの分析をフィードバックしても、あまりいい反応が帰ってこなかったというがその後どうなったのだろう。うちにくる人たちは、発達特性のある本人に発達特性のある親が不適切な養育をして傷つき引きこもるというパターンが多いような気がする。発達特性があると、圧倒的にトラウマ記憶がレジリエンス記憶を上回る事が多い。また発達特性のある親は子育てが不器用で下手。これが掛け合わさるとひきこもりになっていくように思う。「しつけ」という言葉は嫌いだな。2021/09/12

Go Extreme

2
PTSDと裏切り 体験のトラウマ化とPTSDの発症 ひきこもり発生の観点からみた外傷性精神障害とPTSD 親のしつけに注目しつつ「トラウマ体験記」を読む 子ども虐待としつけの境界 発達性トラウマとひきこもり 親のしつけの背後にある意外な側面 ひきこもりになるのは、どのようなひとたちか? ひきこもり支援の要点 トラウマの治療とひきこもりのひとの回復 ひきこもり大国・日本: ひきこもりのひとの回復を阻害する壁 ひきこもりのいとは日本社会の犠牲者か この国に生まれたるの不幸2021/10/12

yuka

1
◆図書館リクエストで読了 / ひきこもり支援者に一読の価値あり / これまでに読んでよかったと感じたいくつかの書籍の引用もあり、ガイドブック的役割も果たす内容だと感じられた。/ 紹介されている著書や論文にてそれぞれを深めることにも役立ちそうである。/ 購入候補2021/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18302138

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。