人はなぜ死に急ぐか―小規模精神科病院50年の経験

個数:

人はなぜ死に急ぐか―小規模精神科病院50年の経験

  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2020年07月11日 10時10分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791110568
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

内容説明

彼らは、なぜ自殺しなければならなかったのか?彼らは何を訴えたかったのか?著者が開設した精神病院における50年間の全自殺例を全て洗い出し、その47人の背景・状況を綿密に調査・分析。自殺防止の手がかりを探る。

目次

1 人は何故死に急ぐか―小規模精神科病院五十年の経験より(自殺した患者さんの分析;統合失調症圏の事例の分析;躁うつ病圏の事例の分析;境界例(ボーダーライン)の事例
平成の自殺急増期と新・自殺予備群
平成の自殺急増期―その背景と新・自殺予備群の人たち
自殺対策の展開
人は何故死に急ぐか)
2 精神科医療半世紀の変遷と統合失調症医療の展開(統合失調症の問題;一九六〇年代の精神科医療;金沢学会―精神医学における権威構造の崩壊;精神保健法の成立とその背景;昭和六十二年法改正―新しい医の哲学との出会い;精神科病院のアメニティ改善と地域活動;日本の精神科医療の将来)

著者等紹介

高柳功[タカヤナギイサオ]
医療法人社団四方会有沢橋病院理事長。昭和12年12月13日富山市生まれ。昭和37年信州大学医学部卒業。同大大学院にて西丸四方教授のもとで精神病理学を学び昭和42年大学院修了、医学博士。同年7月国立武蔵療養所(現:国立精神・神経医療研究センター)勤務を経て、昭和46年、有沢橋病院を設立。精神科医療における社会復帰活動と、開放的処遇の推進をモットーに、小規模経営による地域密着型精神科医療を実施している。元日精協医療政策委員会委員長。元小規模精神科病院全国協議会会長。日本精神病理学会名誉会員、日本統合失調症学会評議員、日本司法精神医学会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。