弟は躁うつ病―双極性障害四十年の記録

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

弟は躁うつ病―双極性障害四十年の記録

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 12時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 196p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791110414
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

弟が躁うつ病を発症した!その病がもたらす騒動に、次第に兄とその家族が巻き込まれてゆく―。四十年にわたり弟の躁うつ病と格闘してきた人生を描いた、実話に基づく物語。長年の経過をたどっていくとき、躁うつ病の実像が浮かび上がってくる。

著者等紹介

木内徹[キウチトオル]
1953年、東京生まれ。東京の私立大学大学院を修了ののち、埼玉県の公立高校教諭、さらに名古屋の私立女子大学や都内の私立大学で英語を教える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

myon

16
今まで、双極性障害は躁と鬱が交互に現れる病気としか理解していませんでした。急に人格が変異したような症状が出ることに驚きました。医療と福祉のケアが進歩するまでの、40年間の家族の苦労に言葉を失います。2020/07/07

eiro

1
壮絶、の一言に尽きます。双極性障害Ⅰ型に振り回される家族。弟さんの発症当時は、病院の制度も、いいお薬もなく、著者はいい意味での、家族第一主義である故に相当な苦労をされた。介護に似た苦しみであったろう。現在は、いい薬も開発され足り、PSWや、支援施設等も整備されてきた。精神疾患への周囲や社会的理解需要も進んできた。罹患者のいる家族の負担が少しでも緩衝される社会になることを切に願います。著者さま、お疲れさまでした。2020/02/29

Hiroshi

0
躁うつ病(双極性障害)の医学や社会的サポートが上手くいかず、本人や家族が長く苦しまれた話。相談窓口は必要だと思った。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15039935

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。