マインドフル・セルフ・コンパッションワークブック―自分を受け入れ、しなやかに生きるためのガイド

個数:

マインドフル・セルフ・コンパッションワークブック―自分を受け入れ、しなやかに生きるためのガイド

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2022年07月07日 06時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 224p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784791110353
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

内容説明

他者へと向ける優しさと理解を、単に自分にある程度向けるだけ―。豊富なエクササイズで、幸福感と感情のウェルビーイングを高め、不安や抑うつを低下させ、困難な状況に対処する能力、人間関係の満足感を高めるスキルを身につける。つらい苦しみの渦中にいるときこそ、“自分に優しく”できるように。

目次

セルフ・コンパッションとは何か?
セルフ・コンパッションではないこと
セルフ・コンパッションのメリット
自己批判とセルフ・コンパッションの生理学
セルフ・コンパッションの陰と陽
マインドフルネス
抵抗を手放す
バックドラフト
慈悲を高める
自分への慈悲〔ほか〕

著者等紹介

ネフ,クリスティン[ネフ,クリスティン] [Neff,Kristin]
PhD。テキサス大学オースティン校准教授であり、セルフ・コンパッション研究の先駆者。世界中で講義とワークショップを行っている他、クリストファー・ガーマーと共同で8時間のオンラインコース“The Power of Self‐Compassion”を作成している

ガーマー,クリストファー[ガーマー,クリストファー] [Germer,Christopher]
PhD。マサチューセッツ州アーリントンで、マインドフルネスとコンパッションをベースにした心理療法を行っている。またハーバード・メディカル・スクールならびにケンブリッジ・ヘルス・アライアンス(医学教育を行うためのハーバード・メディカル・スクールの系列病院)において非常勤講師を務めている。瞑想と心理療法研究所Institute for Meditation and Psychotherapyの設立メンバーで、世界中でワークショップを行っている

富田拓郎[トミタタクロウ]
中央大学文学部心理学専攻教授。博士(人間科学)、臨床心理士、公認心理師。1997年早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程満期退学。国立精神・神経センター精神保健研究所社会精神保健部流動研究員および特別研究員、同司法精神医学研究部研究員、東京都スクールカウンセラー、関西大学准教授、同教授などを経て現職

大宮宗一郎[オオミヤソウイチロウ]
上越教育大学大学院臨床・健康教育学系助教。博士(医学)、臨床心理士、公認心理師。2013年千葉大学大学院医学薬学府環境健康科学専攻博士後期課程修了。千葉大学社会精神保健教育センター特任研究員、筑波大学医学医療系社会精神保健学研究員、東京都児童相談センター電話相談員、東京都および千葉県スクールカウンセラーなどを経て現職

菊地創[キクチソウ]
中央大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程在学。医療法人梨香会秋元病院心理士。臨床心理士。2015年中央大学文学部心理学専攻卒。2017年同大大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

釜煮蕎麦

4
日常で障害になっている感情の問題へ対処するためのワークが紹介されていて期待を満足させてくれる本でした。あとは実践。2019/12/31

shino

3
許しや辛い感情にフォーカスするなど手放したり、自分を大切にするためのワークがいくつかあって参考になった。2020/09/10

ゆうたろう

1
セルフコンパッションを用いると、自分自身を敵から味方にすることができます。 自分への優しさ、共通の人間性、マインドフルネス2021/11/04

tamagawaya

0
3回読み直しました。内容は理解したのであとは実践2021/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14536208

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。