向精神薬開発秘話

個数:

向精神薬開発秘話

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月17日 02時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1408/高さ 27cm
  • 商品コード 9784791109951
  • Cコード C3047

目次

Amoxapine開発に触発された臨床試験への目覚め
Amoxapineにまつわる新しい展開
初めての第1相試験の依頼が運命を大きく変えた
Butyrophenone系抗精神病薬の開発―Timiperoneとbromperidolの第1相試験を通して
Butyrophenone系抗精神病薬の開発の歴史―総集編
わが国で花咲いた初のiminodibenzyl系抗精神病薬の開発
Iminodibenzyl系抗精神病薬は第二世代抗精神病薬との比較試験でどう戦ったか
Benzamide物語―その1 強烈な第1相試験を体験し、興味あふれる臨床成績とPET試験の所見を残したsultopride
Benzamide物語―その2 わが国初のbenzamide系抗精神病薬nemonaprideの栄枯盛衰
Benzamide物語―その3 わが国で陽の目を見なかった3つのbenzamide系抗精神病薬〔ほか〕

著者等紹介

村崎光邦[ムラサキミツクニ]
1935年、徳島県生まれ。慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学精神神経科、井之頭病院での勤務歴を経て、北里大学医学部精神科教授、北里大学東病院院長等を長く勤め、2000年に退職。現在は、北里大学名誉教授、CNS薬理研究所所長。「臨床精神薬理」には創刊時から初代編集長として携わり、現在は名誉編集委員を務める。専門は、精神薬理学、電気生理学(てんかん、睡眠)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の向精神薬のほぼ全ての開発治験に携わった著者の100剤近くの開発の歴史を概観できる、珠玉の論文が織りなすものがたり。我が国における近年の向精神薬開発治験のほとんどに直接携わった著者が,市販に至った薬はもとより,やむなく日の目を見なかった薬まで,100剤近くの薬剤の開発の経緯を詳細に紹介した話題満載の開発秘話。
Amoxapineに始まり,clozapineで締めくくられる86編の論文からなる秘話は,無味乾燥なデータの羅列ではなく,実体験に裏打ちされ,生き生きと語られる“ものがたり”であり,薬の出生の経緯を知ることでその薬への理解をより豊かにしてくれる。

村崎 光邦[ムラサキミツクニ]
著・文・その他