精神科草臨床に思う―秋宵十話

個数:

精神科草臨床に思う―秋宵十話

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 19判/ページ数 202p
  • 商品コード 9784791109739
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

内容説明

精神科病院や診療所の一勤務医として臨床を続ける日常の中で、ふと感じたことや印象に残ったことなどを綴ったエッセイ集。へんてこだったり、ほっこりしたり、ときにはちょっとスリリングな魅惑の十話。

目次

ちまたの蔵書癖
学会に向かうタクシーで
無言の会話―患者さんとの独特な間合い
「ヌマタ」と私
三位一体の攻撃
金曜日の昼下がり、スーパー銭湯
たんこぶができた話
イトグチの話を居酒屋で
当然という言葉を括弧に入れて―「精神疾患の長期経過」雑考
草とりをする

著者等紹介

菊池慎一[キクチシンイチ]
1960年兵庫県生まれ。鳥取大学医学部卒業後、国立精神神経センター武蔵病院、国立療養所鳥取病院を経て宝塚三田病院勤務。非常勤として向陽病院、たぞえ診療所でも診療を続けるなど臨床三昧の日々を送る。専攻は臨床精神医学、精神病理学、精神薬理学、産業医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ポカホンタス

5
できたての本を贈呈いただいた。中身のほとんどはすでに雑誌掲載時に読んでいる。著者独特の臨床センスがエッセイとして結実している。内容も楽しいが、読むこと自体を楽しませてくれる。表紙のイラストもいい。カルテからこんな虫が湧いてくるなんて素敵。本の虫になっている人の話も中に出てくるが、草臨床にも虫はつきもの。味な演出がたっぷりだ。2018/01/31

日曜読書人

4
表紙の絵は鏡映像だったんですね!鏡に映した絵が本物だったとは…。2018/05/09

Asakura Arata

1
病棟勤務も良いなあと思った次第。平日昼間にスーパー銭湯などは憧れの的だなあ。もっとも小生も嘱託を減らせばできないことはないのだが。最近は著者のような、臨床を掘り下げて行くような精神科の先生は少なくなったなあ。最後の草取りと問診の共通点は共感。瞑想だって診察中にしている私としては。2018/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12590634

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。