高機能アルコール依存症を理解する―お酒で人生を棒に振る有能な人たち

個数:

高機能アルコール依存症を理解する―お酒で人生を棒に振る有能な人たち

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年07月16日 21時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 301p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791109722
  • NDC分類 493.156
  • Cコード C0047

内容説明

日本で初めて「高機能アルコール依存症」を紹介!自分も周囲もアルコール依存症だと気づかない人たち!否認する本人、有能な仕事ぶりによって見過ごす周囲!精神保健・医療関係者のみならず、一般の飲酒者も必読!

目次

第1部 進行性の病:アルコール依存症(序―高機能アルコール依存症者;ことの始まり―中学・高校における高機能アルコール依存症者;自由―大学の中の高機能アルコール依存症者;漂流―新成人としての高機能アルコール依存症者;上り坂からの転落―専門職に就き、知的で、そしてアルコール依存症であること;問題を正そうとする努力―コントロール喪失と底つき)
第2部 回復(新しいスタート―回復への道筋;心の空白を埋める―スピリチュアリティ、宗教、それとも酒で埋めるのか;生まれ変わる―回復の12ステップ;挑戦―回復の中での人生)

著者等紹介

ベントン,セイラ・アレン[ベントン,セイラアレン] [Benton,Sarah Allen]
アメリカ、ボストンで活躍する精神保健カウンセラー。問題飲酒者を援助するためのスキルのトレーニング・プログラムを展開するリーダーの一人。ハーバード大学医学部やマサチューセッツ総合病院と提携しているマクレーン精神科病院でもカウンセラーとして仕事をしていたことがある。カリフォルニアのディズニーチャンネルやデンバーのCBS局、デンバーのNBC局などのテレビ番組をプロデュースした経験も持つ。2004年以来断酒を継続していてアルコホリクス・アノニマス(AA)のメンバーでもある

水澤都加佐[ミズサワツカサ]
学習院大学卒業。日本社会事業大学研究科修了。神奈川県立精神医療センターせりがや病院心理相談科長を経て、現職は、(株)アスク・ヒューマン・ケア取締役研修相談センター所長、Healing&Recovery Institute所長、非営利活動法人アスク(アルコール薬物問題全国市民協会)副代表

伊藤真理[イトウマリ]
日本女子大学家政学部家政理学科(生物農芸専攻)卒業後、新聞社に18年勤務。2007年東京大学大学院医学系研究科修士課程(公共健康医学専攻)入学、2013年9月同研究科博士課程(健康科学・看護学専攻)満期退学。博士(保健学)。精神保健福祉士。東京都健康長寿医療センター研究所非常勤研究員、国立がん研究センター特任研究員などを経て、公益財団法人未来工学研究所(主任研究員)

会津亘[アイズワタル]
早稲田大学教育学部卒業後、医療機器販売会社に勤務。その後渡米しコネティカット州立大学分子細胞生物学科にて博士号取得。博士(理学)。精神保健福祉士。介護福祉士。ノースイースタン大学、ハーバード大学の研究室でがん治療の研究に従事した後、現在は帰国し依存症治療施設の副施設長として回復のプログラムをアルコール依存症やギャンブル依存症の利用者に提供している

水澤寧子[ミズサワヤスコ]
東京女子大学文理学部心理学科卒業。精神保健福祉士。現職は、長谷川病院の精神科ソーシャルワーカー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件