大作曲家の病跡学―ベートーヴェン、シューマン、マーラー

個数:

大作曲家の病跡学―ベートーヴェン、シューマン、マーラー

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2017年11月23日 05時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 46判/ページ数 93p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791109685
  • Cコード C0073

内容説明

精神病、自殺の危機さえあったベートーヴェン。精神を患い、精神病院で亡くなったシューマン。彼らの楽曲を詳しく検討することによって、その精神病理に鋭く迫る!

目次

孤高の求道者ベートーヴェン―「交響曲第九番ニ短調」(人格についての検討;「第九」の演奏の一つのあり方)
晩年のシューマンの病理性―「ヴァイオリン協奏曲ニ短調」(生活史及び病歴の概要;生活史と病歴から見る病跡;ヴァイオリン協奏曲ニ短調 ほか)
境界線の美学マーラー―「交響曲第一番ニ長調」(マーラーの生活史;マーラーに関する文献的展望;「交響曲第一番ニ長調」の検討 ほか)

著者紹介

小松順一[コマツジュンイチ]
1947年、長野県諏訪市に生まれる。東京慈恵会医科大学卒業。学会認定精神科専門医、医学博士。専門はポリグラフと脳波、癩癇学、森田療法、音楽病跡学。塩尻市、桔梗ヶ原病院勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)