ハイパーアクティブ:ADHDの歴史はどう動いたか

個数:

ハイパーアクティブ:ADHDの歴史はどう動いたか

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 46判/ページ数 381p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791109654
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C0047

内容説明

多動衝動性障碍、器質的脳症候群、行動化、微細脳損傷、児童期の多動性反応、微細脳機能不全、注意欠如障碍(ADD)、注意欠如・多動性障碍(ADHD)…。ADHDの概念には歴史がある。時代のうねりに揉まれ、文化的背景に彩られた壮大なストーリー。

目次

序論 なぜ多動症か
第1章 多動症以前
第2章 最初の多動症児
第3章 多動症論争
第4章 リタリン:魔法の弾丸か黒魔術か
第5章 代替の治療的接近法
第6章 世界の多動症
結論 上手に多動症を、か

著者紹介

スミス,マシュー[スミス,マシュー] [Smith,Matthew]
Strathclyde大学の講師、Wellcome TrustのFellow。Roy Porter PrizeおよびPressman‐Burroughs Wellcome Awardを受賞。2012年には、BBC Radio 3 New Generation Thinkerに指名されている

石坂好樹[イシサカヨシキ]
兵庫県出身。1973年京都大学医学部を卒業後、公立豊岡病院で勤務ののち、1981年から京都大学医学部付属病院勤務、2005年から京都桂病院勤務、2016年から児童心理治療施設ももの木学園に勤務。専攻は臨床精神医学、児童青年精神医学

花島綾子[ハナシマアヤコ]
千葉県出身。臨床心理士。2001年京都大学大学院教育学研究科博士課程満期修了、北陸大学教職員課程講師を経て、2005年から京都桂病院勤務

村上晶郎[ムラカミアキオ]
兵庫県出身。1994年東京大学大学院理学系研究科博士課程満期退学、2008年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学、2011年群馬大学医学部卒業後、2014年4月から京都桂病院精神科勤務、2016年4月から京都大学大学院医学系研究科博士課程に在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)