現代精神医学を迷路に追い込んだ過剰診断―人生のあらゆる不幸に診断名をつけるDSMの罪

個数:

現代精神医学を迷路に追い込んだ過剰診断―人生のあらゆる不幸に診断名をつけるDSMの罪

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 09時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 192p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791109586
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3047

出版社内容情報

過剰診断は、患者とは無関係に薬物による過剰治療と密接に関係している。精神科医はなぜこのような問題を抱えてしまったのか!?

ジョエル・パリス[ジョエル パリス]
マギル大学 精神医学教授

村上 雅昭[ムラカミ マサアキ]
医学博士,精神科専門医,精神保健指定医。
1952年8月9日生まれ
1977年 慶應義塾大学医学部卒業,慶應義塾大学医学部精神神経学教室入室。
     医療法人財団厚生協会大泉病院,国立療養所久里浜病院,教室勤務を経て,
1996年 明治学院大学入職。現在,社会学部教授。

内容説明

過剰診断は、当事者の置かれた状況とは無関係に薬物による過剰治療と密接に関係している。精神科医はどのようにしてこのような問題を抱えてしまったのか?そして精神医学はこれからどこへ向かうのか?

目次

序論 精神医学にいったい何が起こったのか
第1部 背景(精神科の診断;DSMとその不満;過剰診断と過剰治療;科学、哲学と診断)
第2部 過剰診断されがちな診断名(カテゴリー)(大うつ病(major depression)はどれほどメジャーなものか
双極性障害
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
注意欠陥多動性障害(ADHD)
パーソナリティとパーソナリティ障害(PD)
過剰診断の危険があるその他の疾患)
第3部 診断と正常性(正常とは何か、どうすればわかるのか;我々はこれからどこへ向かうのか)

著者等紹介

パリス,ジョエル[パリス,ジョエル] [Paris,Joel]
マギル大学精神医学教授

村上雅昭[ムラカミマサアキ]
医学博士、精神科専門医、精神保健指定医。1952年8月9日生。1977年慶応義塾大学医学部卒業、慶應義塾大学医学部精神神経学教室入室。医療法人財団厚生協会大泉病院、国立療養所久里浜病院、教室勤務を経て、1996年明治学院大学入職。現在、社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。