過食症の症状コントロールワークブック

個数:

過食症の症状コントロールワークブック

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年08月18日 06時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B5判/ページ数 45p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784791109579
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0047

内容説明

このワークブックは、過食症に悩む患者さんと治療者が共有する1冊です。治療者の方は、この本を患者さんに勧め、治療に活用してください。患者さんはこの本に自分の症状を記録し、治療者に伝えてください。双方で活用すれば、過食症の治療が前に進みます。

目次

治療者の方へ
当事者の方へ―少しずつ進みましょう
外来治療での症状モニタリング
ありのままの観察
これから試してみる新しい生活
生活モニタリング

著者紹介

西園マーハ文[ニシゾノマーハアヤ]
福岡市出身。1985年、九州大学医学部卒業。その後、慶應義塾大学精神神経科で研修、同大学大学院修了。1986年、英国エジンバラ大学卒後研修コースに在籍し、Cullen Centre(認知行動療法センター)で、摂食障害治療の取り組みに感銘を受ける。慶應義塾大学精神神経科助手、1998年より東京都精神医学総合研究所勤務を経て、2013年より白梅学園大学教授。地域の産後メンタルヘルスに従事するなかで未治療の摂食障害女性が多いことを知り、広いライフサイクルを視野に入れた治療・研究に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

過食症の患者自身が記録した症状モニタリングから、患者と治療者が一緒に治療の鍵を見つけるためのワークブック

西園マーハ文[ニシゾノマーハアヤ]
福岡県出身。1985年,九州大学医学部卒業。その後,慶應義塾大学精神神経科で研修,同大学大学院修了。1986年,英国エジンバラ大学卒後研修コースに在籍し,Cullen Centre(認知行動療法センター)で,摂食障害治療の取り組みに感銘を受ける。慶應義塾大学精神神経科助手,1998年より東京都精神医学総合研究所勤務を経て,2013年より白梅学園大学教授。地域の産後メンタルヘルスに従事するなかで未治療の摂食障害女性が多いことを知り,広いライフサイクルを視野に入れた治療・研究に取り組んでいる。日本社会精神医学会理事,日本摂食障害学会評議員。