メンタライゼーションでガイドする外傷的育ちの克服―“心を見わたす心”と“自他境界の感覚”をはぐくむアプローチ

個数:

メンタライゼーションでガイドする外傷的育ちの克服―“心を見わたす心”と“自他境界の感覚”をはぐくむアプローチ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年03月25日 09時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 245p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791109432
  • NDC分類 493.72

内容説明

メンタライジングから始まる、自分のための人生。境界性パーソナリティ障害、アダルトチルドレン、そして摂食障害、解離、嗜癖、育児うつ―。医療・保健・福祉・教育現場で日々出会う外傷的育ちによる生きづらさの心理と治療が、しっかり分かる一冊。

目次

第1部 外傷的育ちの理解―外傷的育ちのトライアングル(外傷的育ちとは;外傷的育ちによる困難を表す3つの概念と、重なり;メンタライゼーションとは;見捨てられ恐怖症(外傷的育ちのトライアングル1)
感情調整障害(外傷的育ちのトライアングル2)
自己承認の病理(外傷的育ちのトライアングル3)
外傷的育ちのトライアングルを抱えて生き延びる―非常手段のはずが嗜癖になっていく)
第2部 外傷的育ちの治療と支援(分離をガイドする;メンタライゼーションに基づく治療(MBT)のすすめかた
外傷的育ちを持つ人をチームで治療・支援する7つのコツ)
第3部 さまざまな現場で外傷的育ちを生きる人を支援する(外傷的育ちを持つお母さんを支援する;教育や支援の現場にメンタライジングを)

著者紹介

崔炯仁[チェヒョンイン]
精神科医、医学博士。1970年、京都市生まれ。1995年、京都府立医科大学医学部卒業。1995~2004年京都府立医科大学医学部附属病院、国立舞鶴病院、松下記念病院、海辺の杜ホスピタルに勤務し、精神科医として研鑽を積む。2004~2010年京都府立医科大学大学院精神機能病態学助教。同大学附属病院精神科病棟医長。2009年、ロンドン大学St.George校摂食障害部門留学。2010~2013年京都府精神保健福祉総合センター主任医師・京都府立医科大学大学院併任講師。2013年~現在いわくら病院。現在急性期治療病棟担当・診療科長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

外傷的育ちから生じる心理・行動特徴などを幅広く解説。メンタライゼーションに基づいた治療(MBT)を平易に学べる入門書。

崔 炯仁[チェ ヒョンイン]
京都市生まれ。1995年,京都府立医科大学医学部卒業。
2004?2010年 京都府立医科大学大学院 精神機能病態学 助教。同大学附属病院精神科病棟医長。
2009年 ロンドン大学St. George校摂食障害部門留学。
2010?2013年 京都府精神保健福祉総合センター主任医師・京都府立医科大学大学院併任講師。
2013年?現在 いわくら病院。現在急性期治療病棟担当・診療科長,医学博士。