孤独な人が認知行動療法で素敵なパートナーを見つける方法―バーンズ先生から学ぶ、孤独感・内気さ・性的不安の克服法

個数:

孤独な人が認知行動療法で素敵なパートナーを見つける方法―バーンズ先生から学ぶ、孤独感・内気さ・性的不安の克服法

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2024年05月19日 08時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 464p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791109418
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C0011

出版社内容情報

ベストセラー『いやな気分よ、さようなら』の著者バーンズ博士が、他者と親密な関係を築くための認知行動療法の技法を伝授します。

デビッド・D・バーンズ[デビッド ディー バーンズ]
スタンフォード大学医学部精神行動医学診療准名誉教授であり、ハーバード医科大学客員研究員を務めた。認知行動療法の開発のパイオニアである。研究、教育、およびマスメディアの賞を数多く受賞しているが、セルフヘルプの本で最もよく知られている。なかでも『いやな気分よ、さようなら』や『フィーリングGoodハンドブック』は、米国で500万部を超えるベストセラーとなった。米国のメンタルヘルスの専門家の全国調査では、『いやな気分よ、さようなら』は、憂うつを抱える人たちのためのセルフヘルプの本1000冊でトップに位置している。米国とカナダの全域で5万人のメンタルヘルスの専門家がバーンズ博士のトレーニングプログラムに参加している。

林 建郎[ハヤシ タケオ]
1948年東京に生まれる。1970年上智大学外国語学部英語学科卒業。1970?99年一部上場企業の海外駐在員として勤務後、現在、科学技術専門翻訳家(英語、仏語)。訳書:『抗精神病薬の精神薬理』、『抗うつ薬の時代』、『不安からあなたを解放する10の簡単な方法』(以上、星和書店、共訳)ほか。

内容説明

私だけ、僕だけ、ひとりぼっち…。私のことを好きになってくれる人などいないから。そう思っている人に認知行動療法のエキスパート、バーンズ先生の恋活入門。かけがえのないひとりの自分を愛せるようになると、友人や恋人との出会いがまっています。

目次

第1部 孤独感についての良い知らせ(さびしいですか?;孤独感を理解する)
第2部 自分への愛情が第一(最初のステップ:自分を好きになり愛する方法を学ぶ;自尊心への道すじを考える)
第3部 関係をつくる(強い魅力を放つには;「社交的貧乏から大金持ちへ」大作戦 ほか)
第4部 親密になる(他人を好きになり愛すること:ロマンチックな完璧主義にうち勝つ方法;身動きがとれないと感じる要因:あなたは愛の囚人? ほか)
第5部 メイキング・ラブ:個人的な性的成長プログラム(男性専科:インポテンスと性的不安の新たな克服法;女性専科:オーガズムを得て性的快楽を強化する方法 ほか)

著者等紹介

バーンズ,デビッド・D.[バーンズ,デビッドD.] [Burns,David D.]
スタンフォード大学医学部精神行動医学診療准名誉教授であり、ハーバード医科大学客員研究員を務めた。認知行動療法の開発のパイオニアである。研究、教育、およびマスメディアの賞を数多く受賞している

林建郎[ハヤシタケオ]
1948年東京に生まれる。1970年上智大学外国語学部英語学科卒業。1970~99年まで一部上場企業の海外駐在員として勤務後、現在、科学技術専門翻訳家(英語、仏語)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シグマ

10
「退屈や孤独感はひとりでいることとほとんど関係はない。」「誰かを獲得するためにはその相手を失う覚悟を持つ。」という言葉にはっとした。パートナーを見つけるためには自分の自尊心を高めること、一人で過ごせるようになること。それが出来たら魅力的なファッションをして、人の多い場所で練習する。拒絶への恐れに気づく。フラーティングは実践したい。2018/06/10

素甘

2
恋愛だけじゃなく、対人関係にも有効だと思う。同著者の「いやな気分よさようなら」を読了してからこちらを読んだ方が頭に入ってきやすいと思う。翻訳本特有の読みづらさはあるけれど、それを差し引いても良書だと思う。対人関係だけじゃなく、孤独感に悩む方にもおすすめしたい2019/10/06

Go Extreme

1
孤独感についての良い知らせ: さびしいですか 孤独感を理解する 自分への愛情が第一: 自尊心への道すじを考える 関係をつくる 強い魅力を放つには 社交的貧乏から大金持ちへ大作戦 内気さと社交不安の克服 その場しのぎの言い訳への対処法 親密になる: 他人を好きになり愛すること:ロマンチックな完璧主義にうち勝つ法 身動きがとれないと感じる要因:あなたは愛の囚人 傷ついた心の修復方法:拒絶と成功への恐れを乗り越えて メイキング・ラブ:個人的な性的成長プログラム」 男性専科 女性専科 誘惑:シングルライフの光と影2021/07/20

හිස් පෙට්ටිය

1
自分自身の自由や責任の範疇を合理的な判断で把握することで、自分を卑下せず、また他者に依存せずに人と良好な関係を築ける、というのが人間関係において重要なんだろうなあと思った。そしてそのためには、自分自身を受け入れ、肯定することが必要という指摘。具体的な恋愛については様々な方法が提案されていたが、とりあえずは趣味などの日常的な活動を充実させて楽しみや自己肯定感を増やすこと、ちゃんとした服を買うこと、外に出かけること、知らない人と挨拶程度でも関わってみること、など当たり前のことから始めていこうかなという感じ。2020/08/26

シュウヘイ

0
自分への愛情 内気と社交不安 その場しのぎの言い訳への対処2021/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11197683
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。