回復するちから―震災という逆境からのレジリエンス

個数:

回復するちから―震災という逆境からのレジリエンス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 07時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791109234
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

内容説明

震災および原発事故後のフクシマ。家族を喪い、故郷を失い、根深く巣食う恐怖から身動きできず、罪悪感、抑うつに苦しめられる。人はかつてない理不尽な喪失から、いかにして回復してゆけるのか。本書は、被災地フクシマにおいてこころの医療に従事する精神科医が書き下ろした鎮魂と再生の物語である。

目次

第1章 生命の喪失
第2章 誇りの喪失
第3章 故郷の喪失
第4章 破局からの回復
第5章 緘黙する少女
第6章 逆境からの脱出
第7章 不登校の少年
第8章 フクシマの現在
終章

著者等紹介

熊谷一朗[クマガイイチロウ]
1967年、福島県いわき市生まれ。精神科医。1992年、筑波大学医学部を卒業し、同年東京医科歯科大学医学部附属病院精神神経科教室に入局。いずみ病院(沖縄県うるま市)、稲城台病院(東京都稲城市)、メンタルクリニックおぎくぼ(東京都杉並区)、松村総合病院、舞子浜病院(ともに福島県いわき市)勤務などを経て、2011年12月、いわきたいら心療内科を開設し、現在同クリニック院長を務める。幼児から老年期に至るまで、幅広い世代への精神科臨床を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

2
喪失と再生の物語。失った日常を抱えて、人々はどのように生きていくのか。震災関連の報道、ドキュメンタリーも、ここまで人々の内側からの喪失を描き出せただろうか。静かで水のように、心に浸透する言葉から、力強く熱い生命が聞こえる。人々が生に向かって回復していく、真の姿を見ることができた。2016/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10128157

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。