子どもの精神科臨床

個数:

子どもの精神科臨床

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 14時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 386p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784791108961
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3047

内容説明

この国の子どもは今、幸せなのだろうか、不幸せなのだろうか?精神的な危機や疾患を抱える子どもと出会う日々。児童精神科医として、感じたこと、考えたこと、伝えたいこと。児童思春期精神医学の第一人者が、初めて子どもの精神科臨床について総括的に論じている。子どもの育ちについての理解と、それらの臨床への応用の成果がまとめられた臨床家待望の書。

目次

第1部 子どもの心とその病理の理解のために(思春期の病態理解―前期思春期を中心に;思春期:集団と個の桎梏を越えて―10歳から15歳にかけての心性を中心に ほか)
第2部 子どもの心の諸問題(子どもの精神疾患と心身症;子どもの「不安症」の理解のために ほか)
第3部 子どもの心の治療(精神療法を中心に)(思春期前半期の子どもの診察中の困難;エビンデンスに基づく子どもの精神療法 ほか)
第4部 子どもの心の臨床現場と専門家の育成(子どもの心の専門医をどう育てるか;子どもの心の診療と連携―地域に必要なネットワーク ほか)

著者等紹介

齊藤万比古[サイトウカズヒコ]
1975年3月千葉大学医学部卒業。1979年7月国立国府台病院児童精神科。1999年4月国立精神・神経センター国府台病院心理・指導部長。2003年4月国立精神・神経センター精神保健研究所児童思春期精神保健部長。2006年5月国立精神・神経センター国府台病院リハビリテーション部長。2008年4月国立国際医療センター国府台病院第二病棟部長。2010年4月独立行政法人国立国際医療研究センター国府台病院精神科部門診療部長。2013年4月恩賜財団母子愛育会総合母子保健センター愛育病院小児精神保健科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。