臨床実践を導く認知行動療法の10の理論―「ベックの認知療法」から「ACT」・「マインドフルネス」まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

臨床実践を導く認知行動療法の10の理論―「ベックの認知療法」から「ACT」・「マインドフルネス」まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 509p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791108299
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

内容説明

理論とは何か?どのように実践と結びつくのか?本書は、理論構造が臨床実践をどのように導き豊かにするか、認知行動療法の主要な10のモデルについて明確に解説する。

目次

精神障害の哲学、心理学、原因、および治療
Beckの認知療法
問題解決療法
論理情動行動療法
アクセプタンス&コミットメント・セラピー
行動活性化療法
弁証法的行動療法
認知分析療法
ポジティブ心理学とポジティブセラピー
マインドフルネス認知療法
感情焦点化/対人的認知療法
結び

著者等紹介

小堀修[コボリオサム]
千葉大学社会精神保健教育研究センター、爽風会佐々木病院。PhD、臨床心理士。2001年東京大学卒業、2006年東京大学大学院卒業、日本学術振興会・海外等別研究員(King’s College London)を経て、現職に至る。専門分野は、不安障害の認知行動療法、スポーツ心理学

沢宮容子[サワミヤヨウコ]
立正大学心理学部臨床心理学科教授。臨床心理士、REBT心理士。お茶の水女子大学卒業、筑波大学大学院修了、博士(心理学)。専門分野は、認知行動療法、REBT(論理情動行動療法)、ポジティブ心理学

勝倉りえこ[カツクラリエコ]
原田メンタルクリニック・東京認知行動療法研究所、神田東クリニック。人間科学修士、臨床心理士。2002年早稲田大学卒業、2004年早稲田大学大学院卒業。専門分野は、認知行動療法、マインドフルネス訓練法、構成主義心理療法

佐藤美奈子[サトウミナコ]
翻訳家。英語の学習参考書、問題集を執筆。1992年名古屋大学文学部文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。