統合失調症からの回復を願う家族の10の鉄則

個数:

統合失調症からの回復を願う家族の10の鉄則

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 01時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 140,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791107841
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0047

内容説明

統合失調症からの回復に向けて家族は、日常生活の中で何に気をつけるべきか。統合失調症からの回復を願う家族が日常生活の中で留意すべきことを、「10の鉄則」としてまとめた。

目次

第1章 子どもが統合失調症になった時(家族の反応と苦悩;子どもを受診させるための家族のかかわり)
第2章 統合失調症をどう理解し、どう治療すべきでしょうか(統合失調症をどう理解すべきでしょうか;統合失調症はどう治療すべきでしょうか)
第3章 統合失調症治療で重要な家族の10の鉄則(統合失調症の治療は、教育‐対処‐相談モデルで理解しましょう;治療は、いつも患者さんとご家族との二人三脚で進めていきましょう;患者さんに寄り添って、患者さんを受容・共感し、愛の距離を保って;常に諦めず、患者さんのレジリエンスに働きかけ続けましょう ほか)

著者等紹介

渡部和成[ワタベカズシゲ]
1951年愛知県生まれ。1977年3月名古屋市立大学医学部卒業。同年4月愛知学院大学歯学部助手(大脳生理学)、1982年12月同講師。この間の1981年から1982年、アメリカ・カリフォルニア工科大学生物学部リサーチフェロー(神経生物学)。1987年4月八事病院精神科医師、1997年9月同副院長。2009年4月恩方病院副院長となり現在に至る。医学博士。専門は統合失調症治療。第4回臨床精神薬理賞優秀論文賞受賞(2008年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

枕流だった人

0
船橋市立図書館

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4059327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。