境界性パーソナリティ障害=BPD―はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ (第2版)

個数:

境界性パーソナリティ障害=BPD―はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ (第2版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月27日 15時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791107568
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0011

内容説明

BPDをもつ人のまわりで苦しむ人々に、本書は障害への理解と、未来への希望を与えてくれる。ベストセラーとなった第1版に、著者の経験と新しい治療アプローチの解説等が加わった。実践的な援助、対処する際のコツが、専門知識のない読者にもわかりやすく書かれた最新版。

目次

第1部 境界性パーソナリティ障害の行動を理解すること(はれものにさわるようにしながら相手と付き合うこと:あなたが大切に思う人は境界性パーソナリティ障害でしょうか?;ボーダーラインの人の内的世界:境界性パーソナリティ障害の定義;混沌の意味を知ること:ボーダーラインの人の行動の理解;圧力鍋の中で暮らすこと:ボーダーラインの人の行動があなたに及ぼす影響)
第2部 自分自身の人生のコントロールを取り戻すこと(自分自身を変化させること;自分の置かれている状況を理解すること:境界線を引くこと、スキルを磨くこと;自信をもってはっきりとあなたの要求を主張すること;緊急時の対策をもつこと;子どもをボーダーラインの人の行動から保護すること)
第3部 特別な問題を解決すること(次に厄介なことが起こるのを待つこと:あなたの子どもがボーダーラインだったら;嘘、噂、言いがかり:事実をねじ曲げる作戦;それで、いま何をすればいいの?その人との関係に関して決断すること)
付録(境界性パーソナリティ障害の原因と治療;マインドフルネスの実践)

著者等紹介

メイソン,ポール・T.[メイソン,ポールT.][Mason,Paur T.]
ウィスコンシン州ラシーンにあるWheaton Franciscan Helthcare臨床部門の副院長。境界性パーソナリティ障害に関する彼の研究は、Journal of Clinical Psychology誌上で発表されており、また著述はメディア上でも見聞される

クリーガー,ランディ[クリーガー,ランディ][Kreger,Randi]
自身のウェブサイトを通じて、愛する家族の一員がBPDであるという人々が抱える問題に対し、世界的な関心を呼び起こした

荒井秀樹[アライヒデキ]
長野県出身。精神科医。医学博士。1990年金沢大学医学部卒業、金沢大学医学部附属病院勤務。1991年高岡市民病院精神科勤務(~1993年)。金沢大学医学部附属病院勤務を経て、富山市民病院精神科勤務、精神デイケア科部長。2004年さくらまちハートケアクリニック開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひつまぶし

2
BPDに限らず、様々な本を参照しながら記述が進むので関心を広げられた。いろんなケースが紹介されているところも良いが、社会的・文化的背景が異なるので、しっくりこない部分は残る。何冊か読んで理解が深まっているせいもあるのか、マニング『境界性パーソナリティ障害をもつ人と良い関係を築くコツ』より読みやすく、分かりやすかった。脳医学的な要因への言及もあり、双極性障害とは明確に違うなど、線引きはされているようだが、全体像はぼんやりしてとらえきれていない。精神分析はプラグマティズム的なところがあるのかもしれない。2023/01/24

ころりん

2
境界性パーソナリティ障害(BPD)・・・って思っちゃう、めちゃめちゃ振り回してくる相手、何人も思い浮かぶかもしれない。 本書は、BPDと診断された人と、その家族の現場で書かれてはいるものの、読者(ぼく)が誰かをBPDだと診断するよりも、BPDほどの難しい関係の人とも、自分の境界線(バウンダリーズ)を守った接し方をすることに、視点をシフトしてくれる。 ボーダーラインとバウンダリーズは違うけれど、そういうところでこそ、自分のバウンダリーを守ることが、自分も相手も守るんだ。 本書にハッとさせられる人は多いはず。2021/10/29

まつざわ

0
2023年83冊目。2023/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1546584
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。