認知症読本―発症を防ぎ、進行を抑え、地域で支える

個数:

認知症読本―発症を防ぎ、進行を抑え、地域で支える

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 200p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791107520
  • NDC分類 493.75
  • Cコード C0047

内容説明

認知症とは、どういう状態をいうのか。どのように診断し、どのように治療するのか。国立精神・神経センターや地域の認知症専門クリニックで長年にわたり認知症に取り組む著者が、予防のための生活習慣の工夫、認知症の基礎知識などを詳説する。

目次

第1章 認知症に悩む人たち―カルテから見る生活障害(認知症、もの忘れ、うつ症状;認知症の原因となる脳疾患 ほか)
第2章 認知症にどのように対応するか(アルツハイマー病は緩やかに進行する;進行を抑える生活の仕方 ほか)
第3章 認知症を地域で支える(介護保険制度;成年後見制度 ほか)
第4章 心理社会的治療法で生活の質を高める―芸術療法を中心に(心理社会的治療法の4つのタイプ;感情に働きかける音楽 ほか)
第5章 認知症の発症を予防する生活習慣(身体運動は全ての基礎;食は百薬の長 ほか)

著者等紹介

宇野正威[ウノマサタケ]
1936年、東京都生まれ。1960年、東京大学医学部卒業。同大学精神医学教室に入局、東京都精神医学総合研究所を経て、1987年国立精神・神経センター武蔵病院(現・国立精神・神経医療研究センター病院)。1998年、同病院副院長。2001年退官。吉岡リハビリテーションクリニック院長となり現在に至る。2002年、東北福祉大学客員教授。日本老年精神医学会特別会員、日本認知症学会評議員、日本臨床美術協会理事長、臨床美術学会副会長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。