自閉症考現箚記

個数:

自閉症考現箚記

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791106547
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3047

内容説明

「自閉症」の概念の変遷を、歴史的・社会的視点で見つめなおすエッセイ。19世紀初頭の「アヴェロンの野生児」から19世紀中頃の「カスパー・ハウザー」、20世紀の「狼少女」に至る症例をめぐる内外の学説を紹介しつつ、児童精神医学のありかたにも言及する。心理的発達の障碍とされている「自閉症」の新たなとらえ直しを示唆する、問題提起の書でもある。

目次

その1 野生児の假面(亜種としての野生児;野生児の実像;野生児問題の背景;野生児の帰還)
その2 精神病への囲い込み(精神病の登場;スキゾフレニアの牽強附会;自閉症の發見;混沌とした精神病概念への埋没;發達障碍の衣装を纏った浮上)

著者等紹介

石坂好樹[イシサカヨシキ]
昭和23(1948)年、兵庫県に生まれる。昭和48(1973)年、京都大学医学部卒業。その後、京都大学医学部附属病院精神科で卒後研修を受け、公立豊岡病院および京都大学医学部附属病院の勤務を経て、平成15(2003)年から京都桂病院精神科に勤務している。専門は臨床精神医学、児童青年精神医学である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

月花

1
イタールの自閉症の概念のない状態での教育とヴィクトールの応えようとする努力が今の自閉症者への教育に繋がったものかと思う。統合失調症と自閉症の混同の歴史も興味深い。気になるのは著者が旧字体を好んでいて読み難いこと、一致した目的なく文章が完結させられていて何を言いたいのか分からない点である。2015/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1808183

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。