家族のための摂食障害ガイドブック

個数:
  • ポイントキャンペーン

家族のための摂食障害ガイドブック

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年04月04日 09時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 415p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784791105946
  • NDC分類 493.74
  • Cコード C0047

内容説明

本書は、摂食障害をかかえた十代の若者たちの家族、特に両親に向けて書かれたものです。両親は、摂食障害の原因などではなく、治療に積極的に参加し、子どもの健康を取り戻すための支援ができる力強いパートナーであるとして、家庭、そして治療の場で親にできることを細かく丁寧に解説しています。

目次

1 出発:摂食障害のわが子を助けるための第一ステップ(今すぐ、行動を起こしてください;力を合わせましょう;「なぜ?」に時を無駄にしてはいけません)
2 摂食障害の理解(敵を知る―摂食障害の複雑さ;子どもの頭のなかを覗いてみましょう―子どもの行動の裏にある歪んだ考え方;どのような治療選択肢があるのでしょうか―拒食症、過食症に最適な治療法について研究から明らかになっていること)
3 治療活動の開始:子どもの回復を助けるためにどのように日々の問題を解決していけばよいのでしょうか(変化の責任を担っていく―摂食障害の治療に家族アプローチをどのように生かしていったらよいのでしょうか;支援的役割―他の方法でわが子の回復に関わっていくにはどうしたらよいのでしょうか;団結力の活用―どのように足並みを揃え、摂食障害と戦っていったらよいのでしょうか;勇気と情報をもち続け、自己決定力を維持していくために―わが子のために力を尽くしている専門家と協力して取り組むためにはどうしたらよいのでしょうか)

著者等紹介

ロック,ジェームス[ロック,ジェームス][Lock,James]
スタンフォード大学において児童精神科・小児科教授および児童青年のための摂食障害プログラムディレクターを務める

グラン,ダニエル・ル[グラン,ダニエルル][Grange,Daniel Le]
シカゴ大学精神科助教授、シカゴ大学病院において摂食障害プログラムディレクターを務める

上原徹[ウエハラトオル]
1988年新潟大学医学部卒業。医学博士、精神保健指定医、日本心身医学会認定医、日本総合病院精神医学会指導医、臨床心理士。2002‐2003年シドニー大学客員教授。現職、群馬大学医学部附属病院精神神経科講師

佐藤美奈子[サトウミナコ]
1992年名古屋大学文学部文学科卒業。翻訳家。英語の学習参考書、問題集を多数執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。