服薬援助のための医療コミュニケーションスキル・アップ

個数:

服薬援助のための医療コミュニケーションスキル・アップ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 08時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784791105861
  • NDC分類 498.14
  • Cコード C0047

出版社内容情報

《内容》 薬剤師にとって不可欠な医療コミュニケーションスキルをわかりやすく図解。単なる知識でなく現場で使えるようエクササイズも豊富に盛り込まれている。講義・演習のテキスト、また独習書として有用!

目次

第1部 医療コミュニケーションのためのスキルトレーニング(医療コミュニケーションスキルの基本;傾聴と共感を伝える言語的技術;傾聴と共感を伝える非言語的技術;良好な医療コミュニケーションを形成する「あいさつ」;不安を緩和させる心のメカニズム;特徴的な反応を示す患者さんへの対応)
第2部 身体疾患に伴う精神症状とメンタルケアサポート(うつ病の基本的知識と問診のスキル;うつ病への対応と注意点;うつ病が現れる疾患とそのプロセス;身体因性の精神障害)

著者等紹介

町田いづみ[マチダイズミ]
明治薬科大学助教授(医療コミュニケーション学)。1960年生まれ。1988年横浜国立大学大学院修士課程修了。1990年日本臨床心理士認定資格取得。埼玉県済生会栗橋病院臨床心理士、東京福祉大学社会福祉学部助教授などを経て、2005年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。