治療関係における「間」の活用―患者の体験に視座を据えた治療論

個数:

治療関係における「間」の活用―患者の体験に視座を据えた治療論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791102792
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3011

内容説明

本書は、従来の治療理論や既成概念を全てカッコにくくり、患者が症状をどう体験しているか、という事実からそれらを見直そうとしている。ベテランから初心者にまで、従来の治療理論に見られない斬新な理解や治療方法を提示する待望の書である。

目次

序 いくつかの基礎的観点
第1部 研究目的(目的と方法の特色;患者体験に視座を据えた治療論;本方法におけるいくつかの治療仮説)
第2部 治療方法論および症例報告(方法の成立過程と初期の方法の概要;症状への「間」に関する治療方法;症例報告)
第3部 考察(方法のもつ「強迫性」と治療者の「脱強迫」過程;治療における基本的構造としての「間」;基本的姿勢としての「迷いながらの観察」の治療的意義;治療者の非言語水準での純粋性 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さとし

0
未分化な感覚を言語化して直面することで転換していく心理療法過程にどっぷり浸かっていたが、患者が既にしている「間」を取ろうとする努力を認め、とりあえず、そっと「置いておく」ことが治療的であることは心に留めておきたい。「今はそういうときかもしれない」と確認し合ってそうすることの大切さに気づけた。2021/05/27

linker

0
説明概念としての診断という言葉ではなく、ナラティブセラピーの外在化やフォーカシング指向療法のハンドルという言葉を…体験とセットにしつつ神田橋先生のいう三角の対話や三項構造化を育みやすくするため、著者は「間」を活用することを示唆している。しかし、私が尊敬とともに惚れ惚れしていることは、輸入や外注された概念ではなくあくまでも内省という湖から沸き起こる「自己学」という前提の上で、輸入概念とあたかも交差し語り合うかのような精神性である。2016/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/752807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。