思春期やせ症の謎 - ゴールデンゲージ

思春期やせ症の謎 - ゴールデンゲージ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791100354
  • NDC分類 493.09

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Z

4
わたしにも、思春期には、痩せたら、なにか変わるんじゃないか、いまは見えない向こう岸になにか待ってるんじゃないか、と思って生きてた時期があった。実際には、痩せてもなにも変わらなかった。 痩せたからって愛されるわけじゃないし、摂食障害は、自分にや周りに対する免罪符なんだろうな。 他人が欲してると思うことに過度に合わせて生きていると、自分を偽ってる、心と身体が分離してるような気分になる。 生きていくのに、ある程度の承認は必要だけど、人に認めてもらうためだけに生きるのはあまりにも悲しい。2016/02/07

ヘンリー

2
およそ四半世紀たって読み直しても新しい。一般書として書かれているが、摂食障害はとどのつまりここに戻るね。欲を言えば、小見出しを立てるなりして、もうちょっと読みやすい仕立てにしてほしい。2010/08/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/634764

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。