日常の最前線としての身体―社会を変える相互作用

個数:
  • ポイントキャンペーン

日常の最前線としての身体―社会を変える相互作用

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月01日 01時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 266p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790716709
  • NDC分類 361
  • Cコード C1036

内容説明

生きづらい社会とよりよく生きようとする身体。他者と共に相互作用を繰り広げつつ、私たちは生身で今ここを生きている。自分の身をどこかへ置き去りにするわけにはいかない。身体を起点に、社会について、よりよく生きることについて、考える。

目次

第1章 見られること、見ることの力―相互作用と身体
第2章 今ここの身体、相互作用秩序とその撹乱
第3章 日常生活の自明性と無反省のメカニズム―J.バトラーの二つの検閲を手がかりに
第4章 最前線としての日常―セルトーとゴフマンの日常的実践をめぐって
第5章 からだの声をきく―身体と社会を問い直す日常的実践
第6章 私たちの間を架橋するもの―若者と大人の簡単で安全で優しい関係
第7章 ゴフマン相互作用論の地平―「今ここ」を生きる、とは
第8章 身体・社会・海・太陽―身体について語ることをめぐって

著者等紹介

草柳千早[クサヤナギチハヤ]
1959年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了後、生活科学研究所研究員、ぴあ総合研究所客員研究員、大妻女子大学社会情報学部教員等を経て、早稲田大学文学学術院教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件