ジェンダーで学ぶ社会学 (全訂新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ジェンダーで学ぶ社会学 (全訂新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 00時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790716686
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C1036

内容説明

男/女の二色刷から、個性の光る多色刷の社会へ。「育つ」から「シューカツする」、そして「ケアする」までの身近なできごとをジェンダーの視点から見なおし、「あたりまえ」をくつがえす。

目次

社会学とジェンダー論の視点
育つ―子どもの社会化とジェンダー
学ぶ―教育のプロセスにおける性差別を考える
語る―ことばが開く新しい社会
愛する―恋愛を“救う”ために
シューカツする―新しい働き方を考える
働く―労働におけるジェンダー格差
家族する―現実が変える「家族」
シェアする―共同生活とジェンダー役割
遊ぶ―男らしさの快楽とそのゆくえ
悩む―移りゆくジェンダー観のはざまで
装う―ファッションと社会
つながる―友人関係とジェンダー
闘う―戦争・軍隊とフェミニズム
移動する―グローバリゼーションがもたらす新しい関係
ケアする―ケアはジェンダーから自由になれるか

著者等紹介

伊藤公雄[イトウキミオ]
京都大学大学院文学研究科教授。文化社会学専攻

牟田和恵[ムタカズエ]
大阪大学大学院人間科学研究科教授。家族社会学・ジェンダー論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

あおい

11
課題のため。一部のみ。ジェンダーと戦争のところが面白かった2019/01/31

PONSKE

4
15の異なるテーマでジェンダーについて論じられています。「就職」「家族」「ファッション」、最近なら「SNS」など…ほとんどのテーマは多くの人に関わる日常的なもので、知らず知らずのうちにジェンダー規範に縛られているんだなと思いました。身近だったので、学校という公平な場の、「隠れたカリキュラム」によるジェンダー格差は面白いなと思いました。(生徒会長に男子、副生徒会長に女子がなりやすいなど。) ふとテレビで見た、幼稚園児のブラウスが男の子は青、女の子はピンクであるのも関係あるかもと、当たり前が違って見えました。2017/02/15

なーり

2
ジェンダー論と社会学を学ぶための入門書。コラムを含め、新しい視点にいくつも気付かされた。このあたりが今ジェンダーから社会を考える時に前提となる基本的な事柄や考え方になるのだろうか。2018/09/24

あつだい

2
男と女の二色刷りから単色刷りにするのではなく、多色刷りすることがジェンダー平等につながる。章分けが細かくて読みやすかった。2015/12/16

1
男性と女性の友人関係について、統計から見ると友人関係がそれぞれ違うことを知りました。男性より女性の友情が軽く見られるのは、女性の友情が恋愛と共通してることに驚きました。2016/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9851913

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。