洛北岩倉と精神医療―精神病患者家族的看護の伝統の形成と消失

個数:
  • ポイントキャンペーン

洛北岩倉と精神医療―精神病患者家族的看護の伝統の形成と消失

  • 中村 治【著】
  • 価格 ¥2,090(本体¥1,900)
  • 世界思想社(2013/09発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 38pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月18日 17時01分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784790715993
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0011

内容説明

精神障害者が人間らしく生きるために―京都洛北・岩倉の実践。精神障害者を閉じ込めず、一般民家で預かって、共に暮らしていた洛北岩倉。本書は、その歴史を著者長年にわたる聞き取りと地元に残る史料により解明し、地域で精神障害者を看護していくためのヒントを得ようとする試みである。

目次

岩倉の大雲寺と精神病とのかかわり始め
後水尾上皇と岩倉
大雲寺十一面観世音菩薩の開帳と参篭人の定着
大雲寺参篭人の病気の種類
参篭人の受け入れ体制―実相院・大雲寺・法師・茶屋
参篭人受け入れの拡大と「強力」
後三条天皇第三皇女に関する伝承をめぐって
京都癲狂院の設立と岩倉における精神病患者預かりの禁止
京都癲狂院設立をめぐる不自然さ
岩倉と久世における精神病患者処遇批判の不自然さ〔ほか〕

著者等紹介

中村治[ナカムラオサム]
1955年京都市左京区岩倉に生まれる。1977年京都大学文学部卒業。1983年京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2007年京都大学人間・環境学博士。現在、大阪府立大学人間社会学部教授。専門は環境思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件