ハイデガー『存在と時間』を学ぶ人のために

個数:

ハイデガー『存在と時間』を学ぶ人のために

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年03月29日 12時45分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 328,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790715733
  • NDC分類 134.9

内容説明

新資料や新研究を取り入れつつ、従来とは異なった観点から解説した研究入門書。初学者にとって理解のネックになりそうな概念を正確かつ簡潔に捉え、独自の視点から深く掘り下げる。

目次

ハイデガーの根本的視座
第1部 存在と時間(存在の問いをめぐって―アリストテレス、フッサールとハイデガー;ハイデガーは「どのような仕方」で時間を問題にしているか;時間性―ハイデガーとカント)
第2部 世界内存在(『存在と時間』における世界論の意義―ハイデガーとシェーラーとの比較から;眼前性の概念の多義性と問題系の変遷―事実性の解釈学から基礎的存在論へ;現存在と慮り―フッサールの主観性概念との対比において)
第3部 真理・自己・歴史(ハイデガー真理論の射程と限界;『存在と時間』の哲学と真理論;日常性の積極的意義―自己の本来性と非本来性の在り方の妥当性;葛藤する共存在―世界内存在における他者との共同性;歴史性概念の諸相)

著者紹介

宮原勇[ミヤハライサム]
1955年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、名古屋大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件