社会学ベーシックス<br> メディア・情報・消費社会

個数:

社会学ベーシックス
メディア・情報・消費社会

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月17日 07時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790714439
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C1336

内容説明

記号化する世界、主体と欲望の変容。

目次

メディアと社会(メディアはメッセージ―M.マクルーハン『グーテンベルクの銀河系』(1962)『メディア論』(1964)
声から文字へ―W.J.オング『声の文化と文字の文化』(1982) ほか)
世論(公衆の登場―G.タルド『世論と群集』(1901)
ステレオタイプ―W.リップマン『世論』(1922) ほか)
情報の流れと影響(パニック研究―H.キャントリル『火星からの侵入』(1940)
コミュニケーションの2段の流れ―E.カッツ/P.F.ラザースフェルド『パーソナル・インフルエンス』(1955) ほか)
消費社会(誇示的消費―T.B.ヴェブレン『有閑階級の理論』(1899)
ゆたかな社会―J.K.ガルブレイス『ゆたかな社会』(1958) ほか)

著者等紹介

井上俊[イノウエシュン]
大阪大学名誉教授

伊藤公雄[イトウキミオ]
京都大学大学院文学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。