Sekaishiso seminar<br> 外来語の社会言語学―日本語のグローカルな考え方

Sekaishiso seminar
外来語の社会言語学―日本語のグローカルな考え方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790712664
  • NDC分類 801.4
  • Cコード C3381

内容説明

国際化の中の外来語、国内の言語問題としてのカタカナ語について、言語・文化接触、コミュニケーション、言語政策といった観点から多面的に考察、外来語との向き合い方を提示する。

目次

第1章 外来語の現代的見方と研究方法(外来語を見る2つの視点―言語文化論と言語生活論;外来語の研究方法)
第2章 言語接触・文化接触から見た外来語(言語接触と外来語;外来語導入による意味・用法のゆれ;外来音とアイデンティティー;アルファベット曲名の今日性;テレビ番組中の中の外来語)
第3章 コミュニケーションから見た外来語(コミュニケーション・バリアとしての外来語;日本人各層における外来語の理解度;特定集団における外来語意識)
第4章 言語政策から見た外来語(日本とフランスの外来語政策;役所の取り組み;外来語を「言い換える」とは;外来語をどう「育てる」か)

著者等紹介

陣内正敬[ジンノウチマサタカ]
1954年佐賀県に生まれる。1982年九州大学大学院文学研究科博士課程(言語学専攻)中退。関西学院大学総合政策学部教授、博士(文学)。外来語委員会委員(国立国語研究所)、文化審議会国語部会委員(文化庁)。2001年北京日本学研究センター客員教授。専攻は社会言語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

samandabadra

0
外来語をさまざまな側面から考察したもの 非常に参考になった。 2009/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/80120

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。