近代スポーツ文化とはなにか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784790711896
  • NDC分類 780.13
  • Cコード C3036

内容説明

なにがスポーツを可能にし、スポーツがなにを可能にしているのか。一筋縄では解けないスポーツをめぐる問いに、気鋭の社会学者が正面から挑む。

目次

1章 スポーツとはなにか(仕事と遊びの間にあるもの―体育とスポーツの違い;プロとアマでスポーツに違いはあるのか ほか)
2章 スポーツ文化の翻訳と伝統の創造(段級制度という謎;段級制度の前史としての家元制度 ほか)
3章 スポーツ文化における性差(スポーツと遊びの創造性;競技スポーツとジェンダー ほか)
4章 スポーツにおけるグローバル文化の可能性(人類の共有財産なのか、文化帝国主義の道具なのか?;グローバリゼーションの功罪 ほか)
5章 スポーツ固有の倫理と快楽(「スポーツ道」の黄昏;No Fear, No Limit ほか)

著者等紹介

西山哲郎[ニシヤマテツオ]
中京大学社会学部助教授。1965年大阪府生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退。大阪大学人間科学部に助手として2年間勤務した後、1996年4月より中京大学に勤務。途中2002年4月より1年間、Mike Featherstone氏の主宰するTheory,Culture, & Society Centre(イギリス、ノッティンガム)に客員研究員として滞在(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。