いろりからでてきたくろいて

個数:

いろりからでてきたくろいて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 23時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 28p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784790254126
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

日本民話。山の一軒家に住んでいる女の子。おとうさんとおかあさんが畑へ出かけたので、おやつの栗を食べては皮をいろりの灰の中にペッぺとはいて、寝てしまいましたが…昔からいろりは生活を支える大切な場所。いろりの精霊が怒って騒ぎ出し、目をさました女の子はたくさんの小人たちに囲まれ、狙われ、ふりはらったら今度は大きな手に掴まれて… 

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

68
つい60年くらい前まで日本の農家には普通にあった囲炉裏。縄文時代から続いてきたとも言われている。この物語は日本民話。女の子がおやつの栗の皮を面倒くさくなって囲炉裏に捨てると、囲炉裏の中からたくさんの兵士が現れ、ついには黒い手が女の子を襲ってきた、という教訓めかした迷信も昔はたくさんあったもの。囲炉裏は大切な場所で、もちろん神さまもいたのでしょう。このお話も囲炉裏端で夜にされたのかな。今では迷信もなくなって、制限もなくなった。それって豊かになって自由になったということなんでしょうか。今の子どもにわかるかな。2020/09/26

yomineko@猫毛まみれ

57
両親がお出かけの間、留守番をしていて、置いてくれていた栗を食べたが、きちんとゴミ箱に捨てずに囲炉裏にペッペと吐き出す。すると、、、2024/01/16

どあら

23
図書館で借りて読了。日本民話です。2020/10/16

ももたろう

20
昔の人達にとって囲炉裏は暖をとったり、食べ物を調理する大切な場所。だからそこへ物を捨てることは許されない。囲炉裏の灰にも精がいる。たくさんの物に溢れた現代。物を大切にしていた昔の人達に頭が下がる。2020/10/02

魚京童!

17
火だ。身近に火がない。煙草を吸いたい。ニコチンもタールもない煙草があればいいのに。意味もなく煙草を吸いたい。頭が活性化している気持ちになっていたい。これはよくわからない。言いたいことはゴミを捨てるなってことだろうけど、なんで?って思う。そういうところだ。別にいいじゃん。燃やせば。世界を燃やそう。すべて燃やしてなかったことにしよう。それではいけないのだろうか?2年間の休暇。そんなコロナの時代を生きているのに。何もできない。何もしない。何もなさない。そんな世界で生きているのに。世界を燃やそう。革命を起こそ 2021/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16212665
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。