エスノメソドロジー・会話分析ハンドブック

個数:

エスノメソドロジー・会話分析ハンドブック

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月25日 10時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 492p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784788517943
  • NDC分類 361.16
  • Cコード C1036

出版社内容情報

社会学、言語学、人類学、心理学、経営学、政治学、メディア研究、医療・看護研究など、幅広い学問分野で多彩に発展したエスノメソドロジー・会話分析の起源をたどり、その現在を一線の研究者たちが解説。全体を包括的に理解するための待望のガイド。



*ガーフィンケルやサックスら最重要理論家の翻訳・解題と各領域の解説のセットで、初期の構想から具体的な実践研究までを網羅。



*医療・教育・メディア・法・ビジネス・科学・レジャーなど意外な領域にも広がる研究を多数紹介。



■目次



はじめに

トランスクリプトの用い方

トランスクリプトで使用されている記号のリスト



第Ⅰ部 系譜と関連分野



総説 1  系譜と関連分野  山崎敬一

1  エスノメソドロジーと会話分析の系譜

2  関連分野――言語人類学とナラティヴ心理学

3  その他の関連分野



1 章 シュッツとパーソンズ  浜日出夫

1  博士論文「他者の知覚」

2  ホッブズ問題再考

3  他者の知覚

4  医学校にせ面接実験

5  エポケーなき現象学――エスノメソドロジーの成立地点



2 章 ウィトゲンシュタインと日常言語学派  前田泰樹

1  社会学的記述

2  記述のもとでの行為の理解可能性

3  分析の手掛かりとしての日常言語学派由来の着想

4  経験的研究への着想をめぐる論争的状況



3 章 言語人類学とエスノメソドロジー・会話分析の関わり  高田明

1  はじめに

2  コミュニケーションの民族誌

3  参与枠組み

4  相互行為の人類学



4 章 ナラティヴ心理学  やまだようこ

1  ナラティヴ(もの語り)とは

2  人間観の変革としてのナラティヴ研究

3  人と人の相互作用によって生まれる意味と社会的構成

4  未来のもの語りが現実を変える



第Ⅱ部 ハロルド・ガーフィンケル



総説 2  ハロルド・ガーフィンケル  浜日出夫

1  ガーフィンケルはいかにしてエスノメソドロジストとなりしか

2  秩序問題との出会い

3  構築的分析からエス

内容説明

自分たち自身の方法論(エスノメソドロジー)を知りたいと考えている―すべての人へ―社会学、言語学、人類学、教育学、法学、心理学、経営学、政治学、メディア研究、医療・看護研究など、幅広い学問分野で多彩に発展したエスノメソドロジー・会話分析。考え方の起源をたどり、その現在を一線の研究者たちが解説。半世紀に及ぶ展開の全容をこの一冊で包括的に理解する待望のガイド。

目次

第1部 系譜と関連分野
第2部 ハロルド・ガーフィンケル
第3部 ハーヴィ・サックス
第4部 会話分析
第5部 制度的会話分析
第6部 相互行為分析
第7部 ワークのエスノメソドロジー

著者等紹介

山崎敬一[ヤマザキケイイチ]
埼玉大学人文社会科学研究科シニアプロフェッサー、名誉教授。博士(文学)

浜日出夫[ハマヒデオ]
東京通信大学情報マネジメント学部教授。慶應義塾大学名誉教授。修士(文学)

小宮友根[コミヤトモネ]
東北学院大学経済学部准教授。博士(社会学)

田中博子[タナカヒロコ]
元エセックス大学講師

川島理恵[カワシマミチエ]
京都産業大学国際関係学部准教授。Ph.D(Sociology)

池田佳子[イケダケイコ]
関西大学国際部教授。博士(日本語学)

山崎晶子[ヤマザキアキコ]
東京工科大学メディア学部准教授。修士(社会学)

池谷のぞみ[イケヤノゾミ]
慶應義熱大学文学部教授。博士(社会学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。