生活のなかの発達―現場主義の発達心理学

個数:

生活のなかの発達―現場主義の発達心理学

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2019年05月27日 20時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 251p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788516236
  • NDC分類 143
  • Cコード C1011

内容説明

生活の現場の丹念な観察から生まれた、新しい生涯発達心理学のテキスト。乳児期から高齢期まで、人生の各時期に焦点をあてて発達の姿を描きつつ、重要な心理学の知見をわかりやすく解説。公認心理師をめざす人にも好適。

目次

1 乳児期(身体から始まる世界の探索;社会情緒的発達の基盤)
2 幼児期(ことばを獲得する道筋;遊びが広げる幼児の世界;事物と心に関する幼児の理解)
3 学童期(自律的な学習への転換;学級や授業への参加にみる社会的変化;「私」として生きる)
4 青年期(青年と教育環境の適合;性の発達と関係性における暴力;問題行動と向き合う)
5 成人期(働くこと・育てること;多様な関係性のなかで役割を果たす;超高齢社会において高齢期を生きる;発達科学の未来に向けて)

著者等紹介

外山紀子[トヤマノリコ]
早稲田大学人間科学学術院教授。博士(学術)。専門は、認知発達心理学

安藤智子[アンドウサトコ]
筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。博士(人文科学)。専門は、発達臨床心理学

本山方子[モトヤママサコ]
白梅学園大学子ども学部教授。博士(子ども学)。専門は、教育心理学、学習論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。