ワードマップ<br> 現代観光学―ツーリズムから「いま」がみえる

個数:

ワードマップ
現代観光学―ツーリズムから「いま」がみえる

  • ウェブストアに34冊在庫がございます。(2019年02月21日 06時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788516052
  • NDC分類 689
  • Cコード C1026

内容説明

現代は「移動」の時代である。人はもちろんモノ、情報、資本などがたえまなく移動している。その最先端の現象である観光は、自己と他者、日常と非日常など異質なものが出会う場である。斬新なキーワードを道案内に、「観光」という視点から現代を読み解く。

目次

1部 観光の歴史と観光学(観光とは何か―オルタナティヴの試みをのみ込む大衆観光;観光の近代―資本主義社会における時間/空間の特徴とマス・ツーリズム ほか)
2部 観光学の視点(観光者の観光経験―「真正性」の議論を超えて「真摯な」交流へ;観光客のまなざし―観光学における基本かつ最前線の視座 ほか)
3部 観光学のテーマ(オルタナティヴ・ツーリズムの現在―地域のためになる観光を実現するには;先住民族―先住民族アイヌの文化伝承と観光 ほか)
4部 観光学のフィールド(観光社会学の現場から1 奈良・観光と地方再生;観光社会学の現場から2 リヴァプールにおける「ミュージック・ツーリズム」 ほか)

著者等紹介

遠藤英樹[エンドウヒデキ]
1963年生まれ。関西学院大学大学院社会学研究科博士課程後期課程単位取得退学、社会学修士。立命館大学文学部地域研究学域教授。専門は観光社会学、現代文化論、社会学理論、社会調査法

橋本和也[ハシモトカズヤ]
1947年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程単位取得退学、博士(人間科学)。京都文教大学名誉教授。専門は観光人類学、観光学

神田孝治[カンダコウジ]
1974年生まれ。大阪市立大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学、博士(文学)。立命館大学文学部教授。専門は文化地理学、観光学

寺岡伸悟[テラオカシンゴ]
1964年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学、博士(文学)。奈良女子大学文学部教授。専門は観光社会学、地域文化論、地域メディア論

山口誠[ヤマグチマコト]
1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(社会情報学)。獨協大学外国語学部教授。専門はメディア研究、歴史社会学、観光研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

今や現代を特徴づけるものとなった観光。それを学ぶ愉しさ=悦びを味わえるように工夫されたワードマップ。「まなざし」「感情労働」「スポーツ観光」「ダークツーリズム」「ガイドとナビ」などの新鮮なキーワードと「現場からの声」でガイドする。

遠藤 英樹[エンドウ ヒデキ]
編集

橋本 和也[ハシモト カズヤ]
編集

神田 孝治[カンダ コウジ]
編集