よりみちパン!セ<br> 人間の条件 そんなものない (増補新版)

個数:

よりみちパン!セ
人間の条件 そんなものない (増補新版)

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2018年11月18日 07時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 432p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788515642
  • NDC分類 K361
  • Cコード C0095

内容説明

「できる」か「できないか」で人間の価値は決まらない。できれば「多くとれる」。そういう考えも全く正しくない。それはなぜか、この本に書いてある。人間がそのままの姿で生きている、そのことの価値と意味を、様々な運動の歴史と深い思索の数々を参照しながら、泣く子も黙る“生存学”のたおやかな巨匠が、論理的に説き起こす。

目次

できなくてなんだ
ならどうならよいか・1
しかしこの世の仕組み―私たちの社会は変だ
でも社会はそうじゃないかという話
人は違うものを信じている
差は仕方がない、必要だというお話について
「機会の平等」というお話がいけてない話
むしろ差は大きくなる
文句の言い方
世界の分け方〔ほか〕

著者等紹介

立岩真也[タテイワシンヤ]
1960年、新潟県佐渡島生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。2007年より、文科省の採択による、新しい教育、研究拠点としての「生存学研究センター」長を務める(2012年を除く)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人間にとっての「最低限度」の生活って? 



〈できる〉か〈できない〉かで人間の価値が決まる。できれば「多くとれる」。

そういう考えは、まったく正しくない。それはなぜか──人間がそのままの姿

で生きている、そのことの価値と意味を、さまざまな運動の歴史と深い思索の

数々を丁寧に参照しながら、論理的に解き起します。成果主義、能力主義、自

己決定、尊厳死、介護、格差、貧困、税。それらはいままさにその内実を再検

証され、この国に生きる人々とシェアされるべきでしょう。著者の生涯をかけ

たテーマがマンガやイラスト交え、易しく描かれます。憲法二十五条をめぐる

インタビュー「健康で文化的な最低限度?」を増補。

立岩 真也[タテイワ シンヤ]
著・文・その他