質的テキスト分析法―基本原理・分析技法・ソフトウェア

個数:

質的テキスト分析法―基本原理・分析技法・ソフトウェア

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年10月22日 19時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788515604
  • NDC分類 307
  • Cコード C1036

内容説明

質的データをどのような方法で分析していけばよいか。なぜ、そのような方法・技法が最適なのか。文字テキストを中心とする質的データ(インタビュー記録、フィールドノーツ等)を分析し、その分析結果を論文にまとめていく際の手順をステップ・バイ・ステップで具体的に解説。さらに、それらのテクニックの前提となる基本的な発想についても理論的背景から説き起こす。質的研究を志す全ての人々にとっての必読書!

目次

1章 質的データの分析―さて、いかにおこなうべきか?
2章 体系的な質的テキスト分析の源流
3章 質的テキスト分析の基本概念と作業プロセス
4章 質的テキスト分析における3つの主要な方法
5章 質的テキスト分析におけるコンピュータ・プログラムの利用
6章 質の基準、研究報告書、研究プロセスの記録
7章 結語
補論 質的データ分析の基本原理とQDAソフトウェアの可能性―佐藤郁哉

著者等紹介

クカーツ,ウド[クカーツ,ウド] [Kuckartz,Udo]
フィリップ大学マールブルク(ドイツ)教授。これまでに質的評価に関する教科書、オンラインによる評価やコンピュータによる質的データ分析に関する解説書、統計学の入門書など17点の書籍を刊行してきた。コンピュータを利用した質的なデータ分析の手法の先駆者であり、MAXQDAとして世界中で知られているQDAソフトウェアの開発者でもある

佐藤郁哉[サトウイクヤ]
シカゴ大学大学院社会学部博士課程修了(Ph.D.)現在同志社大学商学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



ウド・クカーツ[ウド クカーツ]
著・文・その他

佐藤 郁哉[サトウ イクヤ]
翻訳