漱石のヒロインたち―古典から読む

個数:

漱石のヒロインたち―古典から読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月21日 08時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788515291
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C1090

内容説明

漱石文学の「謎」を解く。幼少時から歌舞伎、謡曲(謡)などの口承文芸に触れて育った漱石。彼の小説のヒロインには、謡曲「葵上」、安珍・清姫の道成寺もの、水死する処女の伝承などが響き合う。さらに『坊っちゃん』と「船弁慶」の類似、『こころ』の夢幻能的構造の指摘など、口承的な古典の視点から斬新な読みを展開する。漱石生誕150年に贈る力作。

目次

第1部 漱石のヒロインたち(『虞美人草』の「紫の女」;『行人』のお直をめぐって;『それから』の三千代―百合の表象;『三四郎』の美禰子をめぐって)
第2部 漱石文学と古典(漱石と『方丈記』;『門』の美的世界;「坊っちゃん」という謎―『坊っちゃん』と義経伝説)
第3部 『こころ』をめぐって(『こころ』に描かれた「時」;「私」との対話)

著者紹介

増田裕美子[マスダユミコ]
神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化専門課程博士課程単位取得満期退学。現在、二松学舎大学文学部教授。専門は比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)