生き延びる都市―新宿歌舞伎町の社会学

個数:

生き延びる都市―新宿歌舞伎町の社会学

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年03月24日 23時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788515130
  • NDC分類 361.78

内容説明

数千軒の風俗店、スナック等を擁する世界有数の歓楽街はいかに存続してきたのか。住民やコミュニティに軸足を置く従来の手法を離れ、「場」としての空間の作用、「移動」する主体、その場での「活動」に焦点を合わせ、その再生産メカニズムを描く。地域社会研究からのアプローチ。地域社会研究の刷新された戦略で迫る“歌舞伎町”の構造。

目次

序章 繰り返される「浄化」
第1章 問題設定と研究の方法
第2章 歌舞伎町の形成と問題化
第3章 「地域イメージ」と雑居ビル
第4章 風俗産業の労働と経営
第5章 ストリートにおける活動と意味づけ
第6章 結論 都市的地域社会歌舞伎町の維持、再生産メカニズム
付論 歌舞伎町と統計

著者紹介

武岡暢[タケオカトオル]
1984年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会学)。現在、首都大学東京都市環境科学研究科都市システム科学域特任助教、ならびに大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員。専門分野は歓楽街の社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

◆歓楽街が生き延びるメカニズムとは?

 数千軒のスナック・風俗店が立ち並ぶ、世界でも有数の歓楽街・歌舞伎町。何度も「浄化」が試みられながらこの歓楽街は生き延びています。著者は、住民やコミュニティに集中してきた既存の研究手法を離れ、空間の作用、移動する主体、職業や労働などの一時的活動等に焦点を合わせることで、その再生産メカニズムに迫ります。客引き・風俗職従事者等のフィールド調査や、ビル経営・不動産業など空間を商品化する産業の調査により、経営者・従事者・客の多層的関係や、雑居ビルという特質、ストリートの動態を解明し、「歌舞伎町」の総体を、歴史と構造的空間生成の両面から活写する野心作です。

生き延びる都市 目次

序章 繰り返される「浄化」



第1章 問題設定と研究の方法

 1 「地域コミュニティ」の困難

 2 「地域社会」の研究方法



第2章 歌舞伎町の形成と問題化

 1 歌舞伎町の形成と成長

 2 雑居ビル火災―出来事と構造



第3章 「地域イメージ」と雑居ビル

 1 警察と自治体

 2 商店街振興組合と雑居ビルオーナーたち

 3 不動産業者の空間管理

 4 雑居ビルの不透明性と地域イメージ



第4章 風俗産業の労働と経営

 1 男性客向け接待系風俗営業(キャバクラ)

 2 女性客向け接待系風俗営業(ホストクラブ)

 3 店舗型性風俗(ヘルス、ソープ)

 4 無店舗型性風俗(デリヘル)

 5 風俗産業のサービス、ジェンダー、空間



第5章 ストリートにおける活動と意味づけ

 1 ストリートにかかわる法令とパトロール

 2 客引きによる客の供給と「ぼったくり」

 3 スカウトが取り結ぶ契約と信頼

 4 イメージのメディア、需要の仲介



第6章 結論 都市的地域社会歌舞伎町の維持、再生産メカニズム

 1 歌舞伎町の三つの領域

 2 活動はいかにして再生産されるか

 3 活動と「場」の相互作用

 4 都市地域社会の把握に関する方法的考察、ならびに本研究の意義と限界



付論 歌舞伎町と統計

 1 統計資料に見る歓楽街

 2 歌舞伎町の統計



 謝辞

 インフォーマントリスト

 文献

 事項索引

 人名索引

 装幀*加藤賢一

武岡 暢[タケオカ トオル]