村上陽一郎の科学論―批判と応答

個数:

村上陽一郎の科学論―批判と応答

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年03月24日 23時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 433p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788515062
  • NDC分類 404

内容説明

「聖俗革命」「逆遠近法」などの概念で科学史・科学哲学の世界に新風を吹き込んだ村上科学論。その評価をめぐる、気鋭の論客による批判と、村上による学問的自伝をからめた真摯なる応答。3・11後へ向けて、科学・技術のあり方を根底から問う。

目次

学問的自伝
主要著作紹介
村上科学論への誘い(「正面向き」の科学史は可能か?;科学の発展における連続性と不連続性;村上陽一郎における総合科学と安全学)
村上科学論への批判(聖俗革命論に「正面向き」に対する;聖俗革命は革命だったのか―村上「聖俗革命」をイギリス側から見る;聖俗革命論批判―「科学と宗教」論の可能性;村上陽一郎の科学史方法論―その「実験」の軌跡;村上陽一郎の日本科学史―出発点と転回、そして限界;科学批判としての村上科学論―科学史・科学哲学と「新しい神学」;支配装置としての科学―哲学・知識構造論;社会構成主義と科学技術社会論;村上科学論の社会論的転回をめぐって;村上医療論・生命論の奥義)
批判に応えて

著者紹介

柿原泰[カキハラヤスシ]
1967年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学(科学史・科学哲学研究室)。専門、科学史・科学技術論。現在、東京海洋大学准教授

加藤茂生[カトウシゲオ]
1967年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学(科学史・科学哲学研究室)。専門、科学史・科学論。現在、早稲田大学専任講師

川田勝[カワダマサル]
1966年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学(科学史・科学哲学研究室)。専門、科学史・科学論。2014年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報



柿原 泰[カキハラ ヤスシ]

加藤 茂生[カトウ シゲオ]

川田 勝[]