デジタルウィズダムの時代へ―若者とデジタルメディアのエンゲージメント

個数:

デジタルウィズダムの時代へ―若者とデジタルメディアのエンゲージメント

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 348p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788514959
  • NDC分類 367.6

目次

第1章 デジタルネイティブを超えて
第2章 コミュニケーションの複雑性モデル―若者とメディアを捉えるための理論枠組み
第3章 つながり―なぜ若者は絶え間ないつながりを求めるのか?
第4章 デジタルリテラシー―新たな機会を最大に享受するためにはどうしたらいいか?
第5章 リスク―リスクを最小限にするにはどうしたらいいのか?
第6章 自己創造―なぜ若者はメディアと関わるのか?
終章 グローバル時代を生きる若者たち―21世紀日本とグローバル化の行方
補論 能動的オーディエンス研究の系譜

著者紹介

高橋利枝[タカハシトシエ]
お茶の水女子大学理学部数学科卒業(理学士:数学)。東京大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学修士:社会情報学)。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。英国ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)大学院博士課程修了Ph.D.取得(社会科学博士:メディア・コミュニケーション学)。現在、早稲田大学文学学術院教授。2010年オックスフォード大学教育学部客員リサーチ・フェロー。2010‐2011年ハーバード大学「インターネットと社会」バークマンクラインセンターファカルティ・フェロー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

◆デジタル・ネイティブ論を超えて

 デジタルメディアは、政治、経済、医療、教育、文化のあらゆる領域をグローバル化するとともに日常生活全域に溶け込み、新たな機会とリスクをもたらしています。このデジタル時代に生まれたデジタル・ネイティブたちはいかにメディアに関与し、状況を生かしているのでしょうか。日・米・英の三ヵ国における詳細なインタビューと参与観察から、デジタル革命/グローバル時代を生きぬく人間像を再構築します。15年にわたる著者の「若者とメディア」に関する研究をふまえた集大成です。著者は早稲田大学文学学術院教授。

デジタル・ウィズダムの時代へ 目次

プロローグ

1 本書の目的

  変動する世界

  デジタルネイティブ―新たな機会とリスク

  21世紀に求められる若者像―グローバル人材]



2 本書の構成



第1章 デジタルネイティブを超えて

1 デジタルネイティブとは?

2 デジタルネイティブの研究動向

 2―1 世界におけるデジタルネイティブ研究

 2―2 日本におけるデジタルネイティブ研究

 2―3 デジタルネイティブの定義

 2―4 デジタル世代vs.非デジタル世代

3 デジタルネイティブに対する批判

4 デジタルネイティブを超えて

 4―1 デジタルネイティブの再構築

 4―2 世代論を超えて



第2章 コミュニケーションの複雑性モデル

    ―若者とメディアを捉えるための理論枠組み

1 「オーディエンス・エンゲージメント」の概念

 1―1 「オーディエンスの能動性」が語られる文脈

 1―2 「オーディエンスの能動性」から「オーディエンス・エンゲージメント」へ

2 日常生活のパラダイム

 2―1 「能動的オーディエンス」のパラダイムから「日常生活」のパラダイムへ

 2―2 自己形成とメディア

3 複雑系のパラダイムとメディア・オーディエンス研究

 3―1 複雑系のパラダイム

 3―2 オーディエンス研究と複雑系のパラダイム

4 コミュニケーションの複雑性モデル



第3章 つながり

    ―なぜ若者は絶え間ないつながりを求めるのか?

1 携帯電話と絶え間ないつながり

 1―1 いつもオン

 1―2 脱―埋め込み

2 ソーシャルメディアとつながり―日本の文脈から

 2―1 ソーシャルメディアとウチ、空気

 2―2 ソーシャルメディアと高コンテクスト文化/低コンテクスト文化

3 モバイル・メディアの機会とリスク

 3―1 存在論的安心

 3―2 トランスナショナルなつながり

 3―3 絶え間ないつながりによる新たな機会とリスク

4 なぜ若者は絶え間ないつながりを求めるのか?



第4章 デジタルリテラシー

    ―新たな機会を最大に享受するためにはどうしたらいいか?

1 なぜ今デジタルリテラシーが必要なのか?

 1―1 メディアリテラシーが語られる社会的文脈

 1―2 デジタルリテラシーの定義

2 アクセス

 2―1 情報検索

 2―2 ウチの強化のための友達情報の探索

 2―3 ニュースのカスタマイズ

 2―4 情報のオーセンティシティ

3 クリティカル(分析・判断・利用・解釈)

 3―1 ソーシャルメディアに対するクリティカルな解釈

 3―2 マスメディアに対するクリティカルな解釈

 3―3 Wikipedia の批判的利用

4 戦術的消費(Tactics)

 4―1 時― 空間の構造化

 4―2 広告に対する戦術

 4―3 インフォーマル/フォーマル・ラーニング

5 協働

 5―1 マルチタスク

 5―2  プレイ、パーフォーマンス、シミュレーション

 5―3 擬似的共視聴

6 共有・参加

 6―1 親密圏の強化

 6―2 公共圏の創造と参加

7 グローバル時代、デジタル時代において、新たな機会を最大に享受するためには

 どうしたらいいか?

 7―1 デジタルリテラシーとオーディエンス・エンゲージメント

 7―2 グローバル人材とデジタルリテラシー



第5章 リスク

     ―リスクを最小限にするにはどうしたらいいのか?

1 リスク社会を生きる若者たち

2 いじめと誹謗中傷

 2―1 ネットいじめのニュース報道

 2―2 いじめと個人情報をさらす

 2―3 保護者の介入

 2―4 いじめの対処法

3 個人情報とプライバシー

 3―1 投稿写真によるトラブル

 3―2 Twitter―教室の遊びの延長

 3―3 プライバシーの問題に関する対処法

4 ストーカーとオンライン上の出会い

 4―1 Facebook ストーキング

 4―2 オンライン上での出会い

5 中毒と依存

 5―1 中毒

 5―2 ソーシャルメディア疲れ

 5―3 支配

6 リスクを最小限にするためにはどうしたらいいのか?



第6章 自己創造

    ―なぜ若者はメディアと関わるのか?

1 自己創造の概念

2 ソーシャルメディアと印象管理

 2―1 リスキーな印象管理

 2―2 リア充に印象管理

 2―3 保守的な印象管理

3 自己表現

 3―1 ソーシャルメディア・マネジメント

 3―2 セルフィによる自己表現

4 自己実現

 4―1 自己創造と日本の社会規範

 4―2 トランスナショナルなテレビ番組と自己創造

 4―3 ソーシャルメディアと自己創造

5 なぜ若者はメディアと関わるのか?



終章 グローバル時代を生きる若者たち

    ―21世紀日本とグローバル化の行方

1 グローバル時代、デジタル時代における若者の複雑性

 1―1 個人の相互作用性と適応性

 1―2 社会集団の複雑性

 1―3 個人の自己創造とターニングポイント

 1―4 文化の複雑性

2 21世紀日本とグローバル化の行方

 2―1 日本におけるコスモポリタニズムの可能性

 2―2 コスモポリタン的文化とトランスナショナルなつながり

 2―3 コスモポリタン的文化とグローバル人材



エピローグ



* * *



補論 能動的オーディエンス研究の系譜

1 アメリカのコミュニケーション研究における「利用と満足」研究

 1―1 初期「利用と満足」研究の再考

 1―2 「利用と満足」研究の理論化と批判

 1―3 「利用と満足」研究とオーディエンスの能動性

2 イギリスのカルチュラル・スタディズとヨーロッパの受容理論における受容研究

 2―1 エンコーディング/ディコーディング・モデル

 2―2 受容研究と「利用と満足」研究

 2―3 受容研究vs.メディア帝国主義

3 日本の情報社会論における情報行動論

 3―1 情報行動論

 3―2 日本における「利用と満足」研究

 3―3 情報行動論と「利用と満足」研究



付録 リサーチデザイン

1 調査概要

2 フィールドワーク

3 インフォーマント

4 データ分析



参考文献

索引



装幀= 新曜社デザイン室

高橋 利枝[タカハシ トシエ]