叢書セミオトポス<br> ハイブリッド・リーディング―新しい読書と文字学

個数:

叢書セミオトポス
ハイブリッド・リーディング―新しい読書と文字学

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788514867
  • NDC分類 019
  • Cコード C1010

内容説明

紙と、電子の融合がもたらすグラマトロジーの未来。B.スティグレール、杉浦康平ほかの思想と実践を参照しつつ「よむこと」と「かくこと」をラディカルに問い直す。ARアプリと連動!

目次

1部 「実践編」ブックデザインをめぐって(一即二即多即一―東洋的ブックデザインを考える;対談 メディア論的「必然」としての杉浦デザイン;杉浦康平デザインの時代と技術)
2部 「理論編」ハイブリッド・リーディングとデジタル・スタディーズ(新『人間知性新論』“本”の記号論とは何か(抜粋)
器官学、薬方学、デジタル・スタディーズ
極東における間メディア性の考古学試論―人類学・記号論・認識論のいくつかの基本原理
「かくこと」をめぐって―記号・メディア・技術)
3部 「実験編」これからの「リーディング」をデザインする(デジタルアーカイブ時代の大学における「読書」の可能性―東京大学新図書館計画における実験と実践;もう一つのハイブリッド・リーディング―ワークショップ「書かれぬものをも読む」をめぐって)
4部 記号論の諸相(スーパーモダニティの修辞としての矢印―そのパフォーマティヴィティはどこから来るのか?;日本という言語空間における無意識のディスクール―折口信夫の言語伝承論を手がかりに;「意味」を獲得する方法としてのアブダクション―予期と驚きの視点から;自己表象としての筆致―書くことと書かれたものへのフェティシズム)

出版社内容情報

◆読むこと、書くこと、そして書物の未来に向けて

 かつてあらゆる書物が消滅し、電子情報に置き換えられる、と危惧された時期もありましたが、SF的空想にすぎないことも明らかになってきています。ただ、「メディアはメッセージ」だとすれば、デジタルメディアの進展とともに、「読書」という行為も以前の「サラブレッド」な読書とは変わってこざるをえないでしょう。スティグレールなどの「デジタル・スタディーズ」をも援用しつつ、「読むこと」がもともと持つハイブリッド(混淆)性を解き明かしていきます。さらに、1970年代からずっと書物のかたちをラディカルに問い、ブックデザイン界をリードしてきた杉浦康平氏に、書物と文字についての考えと実践活動をお訊きします。新時代のハイブリッドな「読書」から、新しい図書館計画、文字学などまで、「よむ/かく」をめぐる冒険的思索満載の特集です。

ハイブリッド・リーディング 目次

刊行によせて 吉岡 洋



はじめに ハイブリッド・リーディング 阿部卓也



?部 [実践編]ブックデザインをめぐって

一即二即多即一──東洋的ブックデザインを考える 杉浦康平

対談 メディア論的「必然」としての杉浦デザイン 杉浦康平×石田英敬(阿部卓也)

杉浦康平デザインの時代と技術 阿部卓也



?部 [理論編]ハイブリッド・リーディングとデジタル・スタディーズ

新『人間知性新論』 〈本〉の記号論とは何か(抜粋) 石田英敬

器官学、薬方学、デジタル・スタディーズ ベルナール・スティグレール

極東における間メディア性の考古学試論

  ──人類学・記号論・認識論のいくつかの基本原理 キム・ソンド

「かくこと」をめぐって──記号・メディア・技術 西 兼志



?部 [実験編]これからの「リーディング」をデザインする

デジタルアーカイブ時代の大学における「読書」の可能性

  ──東京大学新図書館計画における実験と実践

                 阿部卓也・谷島貫太・生貝直人・野網摩利子

もう一つのハイブリッド・リーディング

  ──ワークショップ「書かれぬものをも読む」をめぐって 水島久光



?部 記号論の諸相

スーパーモダニティの修辞としての矢印

  ──そのパフォーマティヴィティはどこから来るのか? 伊藤未明

日本という言語空間における無意識のディスクール

  ──折口信夫の言語伝承論を手がかりに 岡安裕介

「意味」を獲得する方法としてのアブダクション──予期と驚きの視点から 佐古仁志

自己表象としての筆致──書くことと書かれたものへのフェティシズム 大久保美紀



資料 日本記号学会第三四回大会について

執筆者紹介

日本記号学会設立趣意書



装幀―阿部卓也

(シリーズ装幀原案 岡澤理奈)

日本記号学会[]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件